引っ越しで運転免許証記載の住所が

現住所と変わってしまう場合ってありますよね。

 

免許証の住所が異なる状態のままだと

ふるさと納税に影響ってあるのでしょうか?

 

ちなみに

マイナンバーカード持っている場合

もそも運転免許証は必要ないですよ。

 

申請書の書き方についての詳細は以下の記事をチェック

 

>>ふるさと納税のワンストップはいつまで?申請書の書き方&流れ

マイナンバーカードがない場合で
免許証の住所が古いと?

マイナンバーカードがなくて

運転免許証のコピーを使用する場合、

運転免許証の住所が古い場合は

どうなるんでしょうか?

 

 

結論からいえば、

免許証だけ住所が違っていても、

申請処理に影響はないそうですよ!

 

税務署は免許書だけ住所が違っていても

「これはけしからん!税金控除してやらないぞ!」

なんてことはないようです。

 

ふなっちー

免許証の住所が古くてもそのまま使用して問題ないなっちー!

 

私自身

ためしにマイナンバー記載されている

住民票と住所が古い免許証で

提出したらどうなるか

寄付した自治体に聞いてみました。

その回答が下です。

 

 

運転免許の住所変更はやるべき!

しかーし

運転免許証の更新は以下の場所に行けば

数分程度でやってもらえますので

さっさとやった方が良いですよ!

  • 警察署の運転免許課など
  • 運転免許センター
  • 運転免許試験場

 

新しいお住まいの管轄になっている

警察署に行くのが一番簡単ですよ。

 

更新しなくても違法でもなんでもないんですが、

住所更新しておかないと

免許更新のハガキがつかなくなりますよ。

ハガキ来ないからって更新しないと

最悪あなたの運転免許証、失効しちゃいます!

 

マイナンバーカードも発行しておくべき

また

ふるさと納税するにしても、そうでなくても

マイナンバーカードはあったほうが絶対楽ですよ。

ない場合でも、ふるさと納税可能ですが

お金がかかるわけでもなく、お住まいの市町村から

発行してもらえますので、

ぜひ発行してもらいましょう。

 

え?

忙しくて平日、役場に行く時間がない?

そんな人こそさっさとマイナンバーカード

発行してもらうべきなんですよ。

 

マイナンバーカードさえあれば、

住民票や印鑑証明だってコンビニで発行できます!

 

ふなっちー

しかも役所で発行するより安いなっちー!

 

お役所だって、住民票や印鑑証明の発行に

役所まで来られるより手間が減って楽ですから。

お役所の手間を減らすためにも、

マイナンバーカードはあるのです。

 

マイナンバーカードはさっさと発行しておきましょう。

 

 

でも

  • マイナンバーカード持っていない
  • マイナンバーカードの住所古い
  • 運転免許証の住所古い

 

という状態はそもそも何かと不便なので

さっさと発行、更新してもらいましょう。

 

ふなっちー

ちなみに車といえば、自動車免許もふるさと納税で取れるなっちー!

>>ふるさと納税で自動車免許が取れる?

 

正直、

その状態のまま放置されてる方

の気持ちが私には理解できませんが

 

いろいろもったいないですから!

その手間惜しんで、色々損してることに気づきましょうよ~!

 

お仕事忙しいっていっても

最近、日本も政府主導で働き方改革

勧められて、会社でも上の方から

残業を減らせ!もっと年次休暇を取得しろ!

ってうるさく言ってくるところ

増えてきてますよね。

 

有給休暇とっていくのでもいいし

ちょっと役所に行くぐらいならば

会社で私用外出の手続き出せば

行けるでしょう!

 

ただ

まともに有給休暇取らせないような

ブラック企業や自営業の方だと、

そうはいかないというのも現実なんですね。

 

残念ながら

ふなっちー

働き改革って何だっけ?って感じの会社も少なくないなっちー!

 

でも

そんな人にもふるさと納税とか

他の節約術をうまく活用してほしいんです!

 

ブラック企業ならば良い会社に

転職すればいいじゃん!

なんて言われても簡単にはできませんよね!

 

でも

それ以外にも、できること

色々ありますから!

知恵を身に着けて自分で

自分の身を守りましょう!

 

是非ほかの記事もご覧になってくださいね!

>>ふるさと納税の支払方法をお得に!クレジットカードを変更するだけ?

>>家持ちや不動産投資家必見!クレジットカードでの税金節約術を紹介