企業に勤めている人であれば、

12月に年末調整をしますよね。

 

この年末調整って済ませてしまった

あとではふるさと納税できないのか?

 

また、そもそもふるさと納税

しちゃったら

それは年末調整で手続き

しなくちゃいけないの?

 

ふるさと納税した人、これから

やってみようと思ってる人は

ここがひっかかっているかもしれませんね。

 

その辺のことについて説明したいと思います。

 

そもそも年末調整とは?

 

サラリーマンならば毎年やってるとはいえ

言われたから書類書いて提出してるだけで、

そもそも年末調整とは何なのか

理解してない人もすくなくないでしょう。

 

ふなっちー

でもいまさら聞くのは恥ずかしいなっちー!

 

年末調整とはサラリーマンなどの

給与所得者に対して、事業所などが

支払った給料、賞与、賃金およびに

源泉徴収した税額について、

12月に再計算し、所得税の過不足を

計算する制度です。

 

個人事業主の場合には、

その年の年収を確定申告で、

年明けに申告してそこから

所得税が徴収されるのです。

 

サラリーマンの場合はその所得税を

年一回ではなく、毎月の給料から

会社が徴収しています。

給与明細を見ると、所得税とか住民税

などを引かれた金額が

手取りになりますよね。

 

でも、

その人の所得税の額って12月に

最後の給料とボーナスをもらう

までは確定しません。

 

ふなっちー

年収に対して所得税額が決まるからなっちー!

 

だから

会社としては去年の年収から

この人に課せられる所得税は

こんなもんだろうという予想で

毎月の月割りで所得税を

徴収してるわけです。

 

そして

12月に年収が確定した時点で

予想で月割りで徴収した税金と

実際に課税される税金の差を

調整するのです。

 

ちなみに

年収の額面が2000万円

を超えてしまう、もと給与所得のみの

サラリーマンでも年末調整が

できないので確定申告が

義務になってしまいます。

 

もしくは本業以外に20万円以上の収入が

ある場合も同じく確定申告が

義務になてしまいます。

 

ちなみに宝くじは

年末調整した後でも
ふるさと納税できる?

 

で、本題の年末調整した後でも

ふるさと納税ってできるのか?

という質問ですが、

 

結論は可能です。

 

だって

そもそも年末調整ってのは

ふるさと納税と直接関係が

ないのです。

 

年末調整にはそもそも

ふるさと納税に関する項目

がありませんから。

 

仮にすでにその年にふるさと

納税したとしても、年末調整では

何も気にする必要がありません。

 

生命保険に入ってる人は、

 

保険料の控除や住宅ローンの控除

だけしっかりやっておけば大丈夫です。

 

>>保険に入るならやらないと損!保険料控除、その内容とは?

 

もちろん

年末調整を終えてから、

ふるさと納税しても

何の問題もありません。

 

ちなみに確定申告すると

年末調整で申請した内容は無視されて

確定申告の内容の方が有効になります。

 

すなわち

確定申告することが確実な人

は年末調整はやらなくて

いいというかやっても無駄なのです。

 

供与所得が2000万超えてない人は

年末調整の書類出すように会社に

普通言われますが、

断ってしまっても大丈夫なのです。

 

ワンストップ特例申請
には年末調整が必要

 

ふるさと納税と年末調整には

説明した通り、

直接関係はありません。

 

しかしながら実は間接的には

関係があります。

 

 

ふるさと納税した後の

税金控除の手続きには

確定申告とワンストップ特例申請が

あるのですが、

ワンストップ特例申請を使用する条件の

一つに「年末調整をしていること」

という条件があるのです。

 

 

ちなみに

ワンストップ特例申請を使用するには、

もう一つの条件があります。

一年間にふるさと納税で寄付した自治体の

数が5箇所以下であることです。

 

ふなっちー

ただ6回以上ふるさと納税しては
いけないという意味ではないなっちー!

 

年収によっては10万円、20万円と

ふるさと納税できる人もいます。

そういう人でもワンストップ特例申請を

使いたいならば、同じ自治体に

5万円とか10万円の高額の寄付を

してしまうとか同じ自治体に

何度もふるさと納税すればよいのです。

 

年収が高いけど確定申告したく

ない人はこういう高額の

ふるさと納税に申し込めばよいのです。

 

 

高額のふるさと納税ならば

年末のタイミングでも余裕を

もってできますし、

書類も一回ですみますからね。

 

まとめ

ここまで読んでみて

いかがでしたでしょうか?

 

年末調整するときに

ふるさと納税のことは

気にしなくていいことは

わかってもらえたのでは

ないかと思います。

 

そもそもふるさと納税は

そんなに複雑なものではありません。

 

それなのにふるさと納税って

認知度は97%ぐらいなのに、

やってる人日本人のまだ10%

ぐらいしかいないらしいのです。

 

下記でわかりやすく図解で

説明していますよ。

>>ふるさと納税の仕組み!わかりやすい&簡単に図解して解説

 

ふなっちー

年末のいつまでにふるさと納税やるかは
以下の記事を見るなっちー!

 

>>ふるさと納税は何時まで?いつまで間に合うかを分かり易く解説!

 

ふなっちー

ワンストップ特例申請については
以下の記事を見るなっちー!

>>ふるさと納税のワンストップはいつまで?申請書の書き方&流れ