ふるさと納税をしようと思ったら

まず真っ先にやるべきことは

自分の年収で

いくらのふるさと納税が

できるか調べることです。

 

年収が300万円の人だったら

いくらのふるさと納税が

できるのでしょうか?

 

ふなっちー

年収だけでなく家族構成によって異なるなっちー!

 

細かく見ていきましょう。

 

以下の記事で

ふるさと納税の仕組みを

図解で説明してます!

>>ふるさと納税の仕組み!わかりやすい&簡単に図解して解説

 

 

年収300万円の人の
ふるさと納税限度額は?

 

年収250万円の人のふるさと納税限度額

独身: 23000円

夫婦(専業主婦) : 15000円

夫婦(共働き)+大学生一人 : 15000円

夫婦(専業主婦)+高校生一人 : 11000円

夫婦(共働き)+大学生一人+高校生一人 : 7000円

夫婦(専業主婦)+大学生一人+高校生一人 : ふるさと納税できません。

 

このように

扶養家族が多いほど

限度額は下がります。

 

なぜかというと

扶養家族が多いとその分

元から税金が安くなって

いるからです。

 

ふなっちー

ふるさと納税は年収に応じて徴収される税金の前払いなっちー!

 

ですから

税金を払ってる額が少ない人は

ふるさと納税できる額も

少なくなるのです。

 

 

ちなみに

中学生以下のお子さんは

扶養家族であっても

この限度額の計算に影響しません。

 

 

年収300万円の人の
ふるさと納税の手続きは?

 

ふるさと納税の手続きには

「確定申告」と

「ワンストップ特例申請」

の2種類があります。

 

もちろん

どちらでもいいのですが

年収300万円の人の場合

元から確定申告する必要が

あるのでなければ

より簡単な

「ワンストップ特例申請」

でいいでしょう。

 

ワンストップ特例制度の手続きについては

以下の記事をチェック!

>> ふるさと納税のワンストップはいつまで?申請書の書き方&流れ

 

ワンストップ特例申請を使うと

ふるさと納税できる対象の

自治体が5箇所以下という

条件がつきます。

 

ただし

年収300万円ならば

独身でも23000円までしか

できません。

 

ふるさと納税は安いものなら

3000円や5000円もありますが、

10000円代が一番多いので

23000円で5箇所に寄付すると

いうのは考えにくいです!

 

ふなっちー

楽天市場だと3000円の返礼品もあるなっちー!

 

 

1万円のものでもいいし、

5000円のものを

いくつか選ぶのもいいですね!

 

 

実はビールって還元率が

高いので、

どうせビールは買うって人には

おすすめです!

 

>>ふるさと納税のお礼品って還元率はどれぐらい?

 

ふるさと納税の返礼品って

自宅以外にも送料なしで

送れます!

 

例えば

親へのお中元などに

使ってもいいのです。

 

楽天市場でふるさと納税する

方法については

以下の記事をチェック!

>>楽天市場でふるさと納税する方法!楽天ポイントも使える&貯まる?

 

あと

Tポイントだって

ふるさと納税に使えますよ!

>>Tポイントでふるさと納税するには?画面図付きで解説!

 

1万円しかできなくても
ふるさと納税すべき?

 

あなたの年収と家族構成で

10000円が限度額だとしたら

それでも

ふるさと納税やったほうがいいか?

 

はい!

やったほうがいいです!

れでも得します!

 

ふるさと納税は

年間で2000円の手数料かかるので

10000円ふるさと納税すると

8000円税金を先に払ったことに

なります。

 

でも

お礼品は3割程度の品ですから

3000円としても

差額の1000円分

得することになりますから!

 

クレジットカードで払えば

そのポイント分もさらに得しますから!

 

一年間に払ったふるさと納税×0.3-手数料2000円+クレジットカードで還元されるポイント