ふるさと納税というのは

寄付という名目になっていますが、

実質的には寄付ではなく

もともと徴収されている

税金の前払いです。

 

そして

なんでふるさと納税が

これだけ話題になっているか

というと日本人みんなが

心が広く、寄付したいという

慈愛の精神に満ちているから

ではありません!

 

単に

前払いしているだけなのに

それに対して魅力的な返礼品が

もらえてお得だからです!

 

それでもふるさと納税を

やってる人って日本人の

10人に1人程度なんです!

 

ネットで何でも調べられるのに

ふるさと納税した方が得ってことを

理解できてない、行動できていない人が

大半なんですね!

 

すみません!

一度やってみた人からすれば

正直バカじゃないの?

って思いますよ。

 

やらないのって

道端に落ちている

札束を見て見ぬふりして

通り過ぎてるのとおなじですから!

 

 

ちゃんとふるさと納税の仕組みを

理解したいなら以下の記事をチェック!

 

>>ふるさと納税の仕組み!わかりやすい&簡単に図解して解説

 

年収450万円の人の
ふるさと納税
の限度額は?

 

ふるさと納税しようと思ったら

まずはあなたのふるさと納税の

限度額を調べなくてはいけません。

 

ただ

ちょっとややこしいところで

 

年収450万円というだけで

ふるさと納税の限度額は

決まりません。

 

ふなっちー

扶養家族が多いほど、年収が同じでも限度額は少なくなるなっちー!

 

これは何故かというと

扶養家族が多いほど元から

税金を多めに免除されているからです

 

 

年収450万円の人のふるさと納税限度額

独身: 52000円

夫婦(専業主婦) : 40000円

夫婦(共働き)+大学生一人 : 34000円

夫婦(共働き)+高校生一人 : 40000円

夫婦(専業主婦)+高校生一人 : 31000円

夫婦(共働き)+大学生一人+高校生一人 : 25000円

夫婦(専業主婦)+大学生一人+高校生一人 : 16000円

 

ただ

これはあくまで目安の金額なので

どうせふるさと納税やるなら

限度額までやってみよう!

って思う方は税理士か

お近くの税務署に確認してくださいね!

 

特に

税務署って我々の税金で

給料もらって生活してるんです!

こういうときのために!

 

ふなっちー

ここで税務署を利用しないのは払ってる税金の無駄なっちー!

 

ちなみに

共働きの夫婦で二人とも年収450万円

だったらこの倍の

金額ふるさと納税できますよ!

 

ふなっちー

ただ夫婦で別々にふるさと納税する必要があるなっちー!

 

それと

中学生以下のお子さんは

何人いてもこの計算に

影響しません!

 

ですから

夫婦ともに年収450万円で

お子さんがいない家庭または

お子さんが中学生以下の場合には

合計10万4000円のふるさと納税が

できてしまいます!

 

年収450万円の場合の
ふるさと納税の手続きは?

 

まずは

ふるさと納税の限度額を

確認してください。

 

上でも説明した通り、

年収450万円でしたら

最高で52000円になります!

 

年収450万円でも
最低でも1万円は
ふるさと納税すべき!

 

少なめにしてもいいのですが

少なくとも10000円は

やったほうがいいですよ

 

 

ふるさと納税って年間に

寄付した金額のうち2000円は

手数料になってしまいます。

 

ですが

返礼品は寄付金額の3割程度なので

1万円以上寄付すれば

その手数料の分以上を

カバーできますから!

 

一年間に払ったふるさと納税×0.3-手数料2000円+クレジットカードで還元されるポイント

 

ただ返礼品全部が3割程度

というわけではありません。

 

>>ふるさと納税なら旅行券も還元率が高い?JTBの沖縄旅行が人気?

>>ふるさと納税のお礼品って還元率はどれぐらい?

 

ネット通販などで
ふるさと納税する

 

寄付する金額を決めたら

寄付する自治体と返礼品を選びます。

 

アマゾンや楽天市場で

通販している人ならば

それと同じ手順で

ふるさと納税できますよ!

 

やったことない人は

手始めに楽天市場でやってみることを

おすすめします!

 

何故かというと

還元率がダントツで高いし、

簡単だからです!

 

>>楽天市場でお得に買い物する方法!簡単に還元率7%!

 

元から楽天市場を使ってる人なら

なおさら簡単ですよ!

 

ふなっちー

1万円の返礼品であればこういうのがあるなっちー!

 

詳しくは以下の記事をチェック!

 

>>楽天市場でふるさと納税する方法!楽天ポイントも使える&貯まる?

 

税金控除の
手続きをする

 

ふるさと納税の返礼品を選んで

申し込んだら最後に

税金控除の手続きが必要です。

 

税金控除の手続きには

確定申告とワンストップ特例制度が

あるのですが、

年収450万円の人の場合、

より簡単なワンストップ特例申請で

十分ですよ!

 

5箇所以下の自治体にしか

ふるさと納税できないのが

ワンストップ特例申請の

デメリットなんですが

そもそもふるさと納税は

1つ1万円というのが多いので

限度額5万円程度だとそれで十分なのです!

 

ワンストップ特例申請というのは

ふるさと納税するたびに

書類一枚とマイナンバーカード

のコピーを寄付した自治体に

送るだけの簡単な手続きです。

 

>>ふるさと納税のワンストップはいつまで?申請書の書き方&流れ

 

とても簡単ですが

これを怠ってしまうと

翌年控除されるはずの税金が

控除されなくなって

二重に取られてしまいます!

 

ふなっちー

これじゃ意味ないなっちー!

 

ふるさと納税したら

その都度忘れないうちにすぐに

書類を準備して郵送してくださいね!

 

ちゃんと手続きすれば

翌年の住民税がちゃんと

その分安くなりますから!

 

安くなる仕組みについては

以下の記事をチェック!

>>ふるさと納税したらいつどうやって税金が安くなるの?