最近、テレビや雑誌などで

「ふるさと納税」というテーマを

取り上げることが非常に多いですね。

 

「ふるさと納税って名前は

聞いたことがあるけれど

どんなものかよくわからない。」

 

このブログを見ていただいている方も

そのような思いでお読みいただいてるのでは

ないでしょうか?

 

ふるさと納税というのは

目安として年収200万円以上あれば

誰でもできる節約方法です。

 

手数料2000円だけかかりますが、

どうせ後で徴収されてしまう税金を

一部前払いするだけで、その見返りに

返礼品がもらえてしまうという

システムです。

 

ふなっちー

例えば5万円ふるさと納税すれば4万8000円分後で徴収される税金が減るなっちー!

 

そして

日本人の認知率は実に97%!

にも関わらず、ふるさと納税をやっている

人は10%しかいないそうです。

 

全くノーリスクの投資なのに!

 

すでにふるさと納税やり始めてる

人間からすれば

ふるさと納税できる年収で

やってない人たちバカにしか見えません。

 

え?

そう言われて悔しいですか?

 

だったらあなたもやればいいだけの話です。

 

年収が低い?

学歴がいまいち?

 

そんな

問題はコンプレックス持っていたとしても

簡単にどうにかできることではありません。

 

定期預金 おすすめ

 

年収550万円の場合の
ふるさと納税の限度額は?

 

それでは年収550万円ならば

いくらまでふるさと納税できるのでしょうか?

 

年収550万円の人のふるさと納税限度額

独身: 68000円

夫婦(専業主婦) : 59000円

夫婦(共働き)+高校生一人 : 59000円

夫婦(共働き)+大学生一人 : 52000円

夫婦(専業主婦)+高校生一人 : 46000円

夫婦(共働き)+大学生一人+高校生一人 : 40000円

夫婦(専業主婦)+大学生一人+高校生一人 : 31000円

 

自治体によって税率の計算が

微妙に異なっていますので

大体の目安にはなりますが、

年収550万円ならば、

3万円~7万円弱がふるさと納税の

限度額になります。

 

どうせやるからには

限度額までやりたいという方、

税理士さんやご自宅の最寄りの

税務署に確認してくださいね。

 

特に

税務署の職員というのは

我々の税金から給料をもらって

生活しているのです。

 

遠慮せずにここぞとばかりに

税務署を利用しましょう!

 

脱税とか、税金ドロボーが

いないのか取り調べるのが

税務署の仕事ですから、

ここで面倒見てくれなかったら

税務署自身が税金ドロボーって

ことになっちゃいますから!

 

もちろん税務署の職員も

そんなこと百も承知です。

 

税務署にいけばちゃんと

丁寧に押してくれますよ。

 

中学生以下の
お子さんがいる場合の
ふるさと納税限度額は?

 

上の説明だと

中学生以下の子供がいる場合

の説明がありませんが、

 

中学生以下のお子さんは

限度額の計算に影響しないのです。

 

ですから小さいお子さんが

いるご家庭こそふるさと納税を

積極的に活用すべき!

とも言えるのです。

 

年収550万円の場合の
ふるさと納税の手続きは?

 

では具体的にふるさと納税するには

何をしたらよいのかご説明しましょう。

 

1.ご自分の条件(年収、家族構成)での
ふるさと納税限度額を確認する

2. ふるさと納税する自治体と返礼品を選んで
寄付を申し込む

3. 税金控除の手続きをする

 

1のふるさと納税の限度額の

確認についてはすでに上で

ご説明した通りです。

 

ちゃんと限度額を

確認するのが面倒だな~

と思う場合には

とりあえず少なめの金額で

やってみてください。

 

ただ、その場合でも

最低でも年間1万円は

やってくださいね

 

ふなっちー

こういう仕組みなっちー!

 

一年間に払ったふるさと納税×0.3-手数料2000円+クレジットカードで還元されるポイント

 

年収も12月の最後の給料もらうまでは

確定しませんからね。

 

>>ふるさと納税すべき年収の目安は?年収の計算はいつの&手取り?

 

個人型確定拠出型年金

 

ふるさと納税の
申し込み方法は?

 

では2番目のふるさと納税の

申し込みはどうやるのでしょうか?

 

パソコンでこのブログを

見てくれているぐらいならば

そのパソコンで通販使って

簡単にできますよ。

 

色々ありますが、

私の一押しは楽天市場

使う方法です。

 

楽天市場で普段からお買い物

してる人ならば、その通販の

作業に+アルファの作業を

するだけでふるさと納税が

できてしまうんです。

 

>>楽天市場でお得に買い物する方法!簡単に還元率7%!

 

楽天市場も通販もあまりしない

って人はTポイントだって

ふるさと納税に使えます。

 

>>Tポイントでふるさと納税するには?画面図付きで解説!

 

いずれのサイトも

楽天スーパーポイントや

Tポイントが使えますが、

これらのポイント全然もってなくても

クレジットカード払いなどで

支払えますよ。

 

ふなっちー

ポイント使って足りない分だけ、お金を使えばいいなっちー!

 

楽天市場ならば

うなぎなどが大変人気があります。

 

 

返礼品にお米を選べばその分

食費が節約できますね!

 

 

1万円で15kgってなかなかないですよ!

これイチオシです!

 

ふるさと納税後の
税金控除の手続きは?

 

楽天市場などで、ふるさと納税したら

最後に税金控除の手続きを

しなくてはいけません。

 

ふなっちー

これはとっても重要なっちー!

 

この税金控除の手続きを

することによって

ふるさと納税で前払いした金額分

あなたがお住まいの自治体が

徴収する税金を

減らしてくれるのですから。

 

これをやらないと前払いしたつもりの

税金を二重にとられてしまいますよ!

 

税金控除の手続きには

2種類あります。

 

確定申告、ワンストップ特例申請

の2つです。

 

ですが、年収550万円ならば

もともと確定申告しなければ

ならない人でなければ

ワンストップ特例申請

がおすすめです。

 

ワンストップ特例申請の

デメリットして、寄付する

自治体が5箇所以下にする

必要があるんですが。

3~7万円程度ならば

それで十分なんです。

 

ワンストップ特例申請ならば

要は書類一枚書いて送るだけですから!

 

>>ふるさと納税のワンストップはいつまで?申請書の書き方&流れ