ふるさと納税は知名度は非常に

高いのですが、やっている人は

なんと日本人の10人に1人程度だと

言われています。

 

ご自身の控除限度額を確認すれば

実質一年間の負担金2000円だけで

効率的にふるさと納税を行うことが

できます。

 

一年間にいくらふるさと納税

しようがそれに対してかかる手数料は

2000円だけです。

 

ですから、年収が高い人が

多くの金額をふるさと納税するほど

この2000円の影響は小さくできます。

 

年収が750万円もある人なら

この制度は活用しないと

非常にもったいないのです。

 

ふなっちー

やらないのは宝の持ち腐れなっちー!

 

 

年収750万円の場合、
ふるさと納税の限度額は?

 

年収が750万円だとすると

ふるさと納税できる限度額は

目安として以下のようになります。

 

ただ

自治体によって税金の計算が

若干差があります。

 

厳密な限度額を確認したい場合は

税理士さんに聞くか、最寄りの

税務署に問い合わせてくださいね。

 

ふなっちー

税務署に聞けば丁寧に手順も教えてくれるなっちー!

 

年収750万円の人のふるさと納税限度額

独身: 118000円

夫婦(専業主婦) : 107000円

夫婦(共働き)+高校生一人 : 107000円

夫婦(共働き)+大学生一人 : 100000円

夫婦(専業主婦)+高校生一人 : 84000円

夫婦(共働き)+大学生一人+高校生一人 : 78000円

夫婦(専業主婦)+大学生一人+高校生一人 : 68000円

 

扶養家族と言っても

中学生以下のお子さんは

カウントされません。

 

よほど子だくさんのご家庭で

なければ年収750万円ならば

6万円~12万円弱の範囲で

ふるさと納税できるってことです。

 

 

年収750万円の場合の
ふるさと納税の手続き

 

では

実際ふるさと納税を

やるとなったら何をしたら

いいのでしょうか?

 

ふなっちー

ふるさと納税には以下の3つの手順が必要なっちー!

 

ふるさと納税の手順
  1. 限度額を確認する
  2. ふるさと納税を申し込む
  3. 税金控除の手続きをする

 

限度額についてはすでに

ご説明した通りです。

 

厳密な限度額を確認するのは

ちょっと面倒なので

明らかに年収からわかる限度額

より少ない金額だけでもまずは

やってみることをおすすめします。

 

実は

私も限度額より少なめに

しかやったことないですね。

 

税務署も行ったことありません 笑

 

ふるさと納税の申し込みは?

ふるさと納税の申し込みには

ふるさと納税サイトや楽天市場

使用します。

 

>>ふるさと納税のサイトはどんなのがあるの?

 

通販と同じで、自宅でパソコン

もしくはスマホがあれば30分も

あれば終わりますよ。

 

還元率を考えれば

一番のおすすめは楽天市場です。

 

>>楽天市場でふるさと納税する方法!楽天ポイントも使える&貯まる?

 

例えば

こういうお米があります。

 

 

このお米、ふるさと納税で

申し込むともらえます。

 

ふるさと納税してない人って

ここを勘違いしていると思うのですが、

このお米買っているわけではないですよ。

 

後で勝手に徴収される税金を自ら

手続きして前払いすることで

その見返りとしてもらっているんです!

 

 

ふるさと納税の後の
税金控除の手続きは?

 

ふるさと納税を申し込んだら

最後に税金控除の手続きが

必要です。

 

ふるさと納税で寄付をしたからといって

それだけでは税金を前払いしたことに

なりません。

 

返礼品はもらえますが、寄付金額の

3割程度が相場です。

 

ふなっちー

簡単にいえば1万円の寄付ならば大体3000円ぐらいのお米がもらえるなっちー!

 

ちゃんと税金控除の手続きを

すればこのお米は実質

無料みたいなものですが、

しなかったら1万円で

3000円程度のものを買ってる

ことになってしまい大損しますよ。

 

ふなっちー

だから税金控除の手続きはとても重要なっちー!

 

ふるさと納税の税金控除の

手続きには

・確定申告

・ワンストップ特例申請

の2種類があります。

 

確定申告を元からしなくては

いけない人であれば、

その中でふるさと納税についても

ついでに申告するようにしてください。

 

そうでない人は

ワンストップ特例申請のほうが

手続きが簡単です。

 

要は

ふるさと納税をするたびに

寄付した自治体に書類を書いて

郵送するだけなので、

ワンストップ特例申請は

確定申告よりはずっと簡単なのです。

 

ワンストップ特例申請に

ついては以下の記事をチェック!

>>ふるさと納税のワンストップはいつまで?申請書の書き方&流れ

 

どちらかの手順で

ふるさと納税すれば

寄付した金額-2000円分だけ

後で徴収される税金が

ちゃんと減りますよ。

 

詳しくは以下の記事をチェック!

>>ふるさと納税したらいつどうやって税金が安くなるの?

 

ふるさと納税は確定申告でも
ワンストップ特例申請
は同じ効果?

 

確定申告でもワンストップ特例申請でも

ふるさと納税の税金控除の手続きは

できます。

基本的にはどちらでも控除される

税金の金額は同じなのです。

 

ふなっちー

そりゃそうじゃないと困るなっちー!

 

確定申告だと所得税と

住民税から、

ワンストップ特例申請だと

住民税のみから税金が

控除されるのですが、

控除される金額が同じならば

そこは正直どうでもいいですよね。

 

場合によっては確定申告した方が

得になる可能性があります。

 

それについては以下の記事をチェック!

>>確定申告した方がワンストップよりも得になるケースもある?

 

また

確定申告しなくちゃいけない

場合というのは自営業などのほかに

高額医療控除を申し込む場合もあります。

 

高額医療控除がどんなものか

あなたはちゃんと理解していますか?

今病気と無縁でも知っておいた方

がいいですよ!

>>高額医療控除の確定申告はいくらから?申請方法や手続きは?