お得だと聞いたから、

ふるさと納税をやってみたい!

 

でも自分の年収でできる

制限を超えてしまわないか心配!

 

ふるさと納税をやろうと思ったら、

ふなっちー

ここが気になるはずなっちー!

 

ふるさと納税をできるかどうか、

年収が200万円を超えているか

どうかが境界となります。

 

ただ、これは以下の条件が必要になります。

ふるさと納税できる条件
  • 独身者
  • 配偶者控除を受けている夫婦
  • お子さんが中学生以下の場合

 

以下の場合には、

200万円ではふるさと納税できません。

ふるさと納税できない場合
  • 夫婦で高校生以上の子供がいる家庭
  • 年金生活者の場合

 

上記の場合にふるさと納税すると、

100%単なる寄付になってしまいます!

 

ふなっちー

それでは意味ないなっちー

 

上記の場合でも、

年収300万円以上なら

ふるさと納税できます!

 

うなぎってスーパーで買うとすっごく高いですよね~。

 

鰻はふるさと納税で

無料で手に入れてます。

 

私はふるさと納税のおかげで

高級うなぎも食べ飽きちゃいました!

次は何にしようかな~。

 

ふるさと納税を計算する年収はいつからいつの所得収入?

ふなっちー

これもふるさと納税初心者なら必ず気になるポイントでなっちー!

 

ふるさと納税の計算に使う年収というのは、

その年の1月から12月まで

の分です。

 

ですから、会社員であれば、

12月にボーナスや給料の明細をもらいますよね。

 

明細をもらった時点でその年にいくらまで

ふるさと納税ができるのかが確定するのです。

 

その年の1月1日から12月31日までに

ふるさと納税した金額が適用されます。

 

 

だからといって、

 

12月に給料明細をもらってから、

ふるさと納税するのでは時間に

余裕がなさすぎますよね。

 

ふなっちー

もっと早くから計画的にふるさと納税するといいなっちー!

 

高額のふるさと納税一回分で

12月にまとめてふるさと納税をしてしまえば、

 

無駄なく限界まで

ふるさと納税することができます。

 

ふるさと納税で一番注意すべき点は、

年収からできる限度額を超えない

ように確認することです!

 

限度額を超えてしまったら、

その超えた分の金額は返ってきません。

 

自治体への単なる寄付

になってしまいます!

 

一年間に払ったふるさと納税×0.3-手数料2000円+クレジットカードで還元されるポイント

 

あなたが、親から死ぬまで困らないほど

莫大な遺産でももらったのか、

 

アラブの石油王とでも結婚した人

というならば別に構いませんよ!

 

そんなにお金に恵まれた人が

ふるさと納税なんて言葉ネットで

ググらないと思いますけど(笑)

 

ですからふるさと納税をするタイミングに

1月1日からその日までの給料所得を年収と計算し、

 

限度額を超えないようにふるさと納税すれば

超えてしまうリスクは避けられます。

 

 

また、会社員であれば、

普通その翌年の1月の給料明細と一緒に

源泉徴収票が添付されてきて、

 

その前の年の年収が

いくらだったのかわかりますよね!

 

 

でも、

ふるさと納税はその年の12月31日まで

で計算するので、翌年の1月ではアウトです!

 

ふなっちー

その年のふるさと納税は年内に必ずやるなっちー!

 

ですから、限度を調べて限度を超えないように

限界までふるさと納税をするためには、

 

12月までの給料明細から

自分自身で年収の額面を計算

するしかありません。

 

またふるさと納税の計算につかう年収は

額面です!

 

手取りではありません!

ので注意してください!

 

 

特に年収が高い人!

 

税金の割合が大きく、

手取りでふるさと納税の限度額を計算すると、

 

限界を大きく下回る金額になってしまい、

もったいないですよ!

 

ふなっちー

どうせふるさと納税やるなら正確に限度額を調べるなっちー!

 

ふるさと納税は年収が低い人にも、

節約するために役立つものでもあります。

 

それと同時に年収が高く、

税金を多く払っている人でも

節約できる制度なのです。

 

年収が限度額を超えていれば、

低所得者も高所得者も

ふるさと納税しないと損

なのです!

 

会社によっては年内に源泉徴収票を

もらえるかもしれませんので、

会社に聞いてみてもいいでしょう。

>>ふるさと納税の確定申告が不要な条件は?サラリーマンに必要な手続き

 

私の友人、知人でも年収が

1000万円、2000万円超えている

 

という方でも

ふるさと納税やってない方たくさんいます!

 

それだけ稼ぐ能力があるということは

頭は絶対悪くないはずですが、

 

その悪くないはずの頭で、

どうしてふるさと納税をやるべき

と気づかないのですかね(笑)

 

こんな高級なお肉もふるさと納税で

無料で入手できますよ!

 

これから、

少子高齢化が進み、税金は上がる一方、

そして年金は支給開始年齢を68歳に上げる

という検討がすでに始まっています。

 

今の20代~50代の現役世代が

老後にちゃんと年金をもらえる

保証なんてどこにもありませんよ!

 

 

私の両親も70代で年金をもらっていますが、

年々目に見えて支給額は減らされ続けています!

 

ふなっちー

現実をちゃんと見るなっちー!

 

日本政府は現役世代の老後のことなんか

心配して取り組んでいるように見えますか?

 

最近、与党自民党が参議院の議席を

6人増やす議案を通そうとしています。

 

国が赤字国債を出し続けて、

消費税も10%まで上げようとしているのに、

 

国会議員を増やしてその人件費で、

さらに血税を浪費しようとしています!

 

政治への不満など主張しても

そう簡単に政治は変わりません。

 

 

何もしなければ、

日本政府は老後に働けなくなった人を

見捨てる気まんまんにしか私には見えません!

 

今会社や自営業で、十分な年収を稼いでいても

老後にお金に困らない保証なんてありません!

 

ふなっちー

自分の身は自分で守るしかないなっちー!

ふるさと納税もしっかり活用して

老後に備えて資金を蓄えておかないと、

 

イソップ童話・アリとキリギリスの

キリギリスのようなみじめな老後

を迎えてしまうかもしれません!

 

 

ふるさと納税のお支払いには

クレジットカード払いが断然オススメ!

 

クレカの中でも特に還元率の高い

最強カードをご紹介します。

>>ふるさと納税の支払方法をお得に!クレジットカードを変更するだけ?

 

 

また、年収200万円以上あれば

基本的にふるさと納税できますが、

 

あなたの条件によっては

ふるさと納税・不可の場合があります。

 

こちらの記事を読んで、

ふるさと納税できるかチェック!

>>ふるさと納税ができない人は?年収200万円以上でも不可?