ふるさと納税って

税金を前払いして、

返礼品で得をする

非常においしいシステムですが、

この返礼品をもらう代わりに

寄付することもできます!

 

ふなっちー

こういう使い方もあるなっちー!

 

この

記事を書いてるのは

2018年7月なのですが、

今、正に西日本では

豪雨での被害が毎日のように

報道されていますね。

 

7月11日の報道では

何と死者169人、

行方不明者80人だそうです。

 

地震雷火事親父

というように、

地震や火事で被害が

でるのは私も

よく知っていましたが、

単なる雨でこんな惨事を

引き起こしてしまうのですね!

 

 

自分が返礼品をもらって

得するのもいいですが、

人助けに使うのも確かに

ありですよね!

 

ふるさとチョイスや
さとふるで
被災地への寄付できる!

ふるさと納税サイトの

ふるさとチョイス

さとふる

被災地への寄付ができますよ!

 

豪雨被害地へのふるさと納税

豪雨被害の救済のための

寄付を募っている西日本の

自治体は45ほどあるようです。

 

2つのパターンがあります

  • 被災した自治体に直接寄付する
  • 被災した自治体に代わって
    代理の自治体に寄付する

 

後者は

被災の対応に追われて

自分で寄付を募っている

余裕がない自治体に

代わって別の自治体

が寄付を募っているようです。

 

ふなっちー

被災した自治体にとってはありがたいシステムなっちー!

 

これ、いい話ですよね!

私も調べてて感動しました!

 

ふるさと納税って

普通は日本中の自治体が

自分のところに多くの

寄付金を集めようと

目の色を変えて

争っているんです!

 

でも

こういう困ったときは

競争とかやめて

困っている自治体を

助けてあげてるってことです!

 

 

 

そして

寄付の内容ですが、

 

例えば

広島県府中町への寄付は

一口10万円、

これに関しては

当然返礼品はありません。

 

ふるさとチョイスでは

被災地への寄付金額が

すでに3億2000万円を

破したようです。

 

ふなっちー

すごいなっちー!

 

被災地に寄付したいなら
ふるさと納税がおすすめ

 

ふるさと納税は

名前は寄付ですが、

実際には税金の前払いです。

 

2000円の手数料は

かかりますが、

返礼品がなかったとしても

ポイントがつく

クレジットカードで払えば

得する仕組みです。

 

還元率の高いクレジットカード

に関しては以下の記事をチェック!

>>還元率で選ぶならおすすめのクレジットカードは?

 

例えば

還元率1%の

クレジットカードで

20万円以上寄付すれば

手数料の2000円を

カバーできますよね

 

寄付はしてあげたいけど

自分のお金が減るのは・・・

って方でも付できます!

 

被災地を助けてあげたい

気持ちがあるなら、

まずは自分の年収の

限度額の範囲内で

ふるさと納税で寄付しては

いかがでしょうか?

 

ふなっちー

ふるさと納税がいくらできるかは以下の記事を見るなっちー!

>>ふるさと納税は年収200万が目安?年収が200万円以下だとNG?

 

ふるさと納税は

自分のふるさとで

なくてもできますが、

 

ご自分の実家が

被災地であればなおさら

寄付をおすすめします!

 

ふるさと納税できない
お金ない人でもクリックで
寄付できる

 

ちなみに

ふるさと納税できない、

寄付したくてもお金がないって

人でも寄付する方法ってありますよ。

 

こういうのです。

クリックで救える命がある

 

インターネットで

暇つぶししてるなら

たまにここにクリックして

いいことしてもいいと思いますよ!