今年は西郷どんのおかげで

薩摩フィーバーが起こって

いますね。

 

個人的には一番好きな坂本龍馬

の出番が終わってしまって見る

モチベーションが下がってきた

今日この頃です 笑

 

鹿児島県といえば、さつま揚げや

うなぎなども有名ですが、

たかえび(高海老)の産地でも

あります。

 

海老と言えば天丼でも天婦羅

でも主役! 魚より肉が好き

だけど海老は別格って感じで

みんな好きですよね。

海老が嫌いという人は

殆どいないのでないでしょうか?

 

高海老というのは「甘えび」

よりも甘みと旨味があること

から高級食材として料亭

でも使われています。

 

今回頼んでみたのは

以下のたかえびです。

 

 

 

鹿児島県、南さつま市の

返礼品で寄付金額 は 7000円です。

 

たかえびは水底300~600mに

生息していて4月~12月に

かけて採捕します

 

楽天市場でのふるさと納税

の方法については以下で

解説しています。

 

>>楽天市場でふるさと納税する方法!楽天ポイントも使える&貯まる?

 

またこの鹿児島県南さつま市の

たかえびはYAHOO!JAPANふるさと納税

でも同じものを申し込むことができます。

 

Tポイントが余ってる、たまってるなら

こちらで申し込んでもいいですね。

 

YAHOO!ふるさと納税で

ふるさと納税を申し込む方法は

以下の記事で解説しています。

>>Tポイントでふるさと納税するには?画面図付きで解説!

 

届いたたかえびは?

 

2018年9月25日にふるさと

納税を申し込んだところ、

9月27日に返礼品を発送したと

の連絡があり、29日には

届きました。

 

返礼品届くのは1ヶ月以上

かかることもありますが、

これは非常にスピーディですね!

 

このように箱2個に

梱包されたたかえびが

届きました。

 

普通冷蔵食品の配達って、

発泡スチロールに入って、

保冷剤が一個入ってるだけで

やってくることが多いのです。

前に別の自治体から魚を

返礼品でもらったことが

ありますが、その魚も

そんな状態で配達されたのは

がっかりでした・・・

 

その場合保冷剤は柔らかく

なって保冷効果がなくなって

しまってるんですよね。

 

ふなっちー

そういう状態の冷蔵食品
って生で食べるのは
抵抗があるなっちー。

 

ですが

今回は冷凍品なので、冷凍バッグに

入れたまま玄関まで持ってきて

くれましたので、このたかえびは

配達までの保管方法も問題

ありませんでした。

 

物によっては冷凍だと味が

落ちるのでなんでも冷凍が

いいとも限らないんですけどね。

 

早速箱を開けてみました。

すごい量のたかえびです!

 

ふなっちー

750グラムの2箱なっちー。

 

大きさを測ってみたら

たかえび1匹あたり15センチ弱でした。

 

同封されていたパンフレット

にはたかえびについての説明

が書かれています。

 

 

調理の仕方のレシピまで

写真付きで丁寧に書かれていました。

 

せっかくなら、新鮮なたかえび

をより美味しくなる調理方法で

味わってもらいたいという作り

手の暖かい思いが伝わってきます!

 

たかえび調理1
刺身、天婦羅、唐揚げ

 

早速たかえびを調理して

みることにしました。

まずは400グラムのたかえびを

ジップロックに入れた状態で

氷水に入れて解凍しました。

 

 

解凍が終わったら爪楊枝

で背わたを取り除き、

お刺身にしてみました。

 

背わたというのは、エビの

腸にあたる部分です。

 

海老ってここを取り除かないと

臭みが気になって食べられない

こともあるんですね。

 

ふなっちー

見た目はお寿司に出てくる
甘えびにそっくりなっちー。

 

普通冷凍海老は臭みがあるので

調理をする前にお酒につけてから

調理して食べるのが普通なのですが、

このたかえびに関しては臭みが

全然気にならないので、

お酒は使いませんでした。

 

ふなっちー

届いた次の日に調理した
から臭みがなかったの
かもしれないなっちー。

 

刺身は添付されてきたレシピによると

「お好みでわさび醤油やすりおろした

生姜をつけて食べてください」と

書いてありました。

 

お次はたかえびの天婦羅です。

玉ねぎ、三つ葉と一緒にかき揚げ

の天婦羅にしました。

 

添付されてきたレシピによると

「天婦羅には塩やレモンをかけて

熱いうちにお召し上がりください。」

とあります。

 

今回はすだちと岩塩をかけて

いただきました。

たかえび天婦羅

 

三つめはたかえびの唐揚げです。

刺身と天婦羅にたかえびの身を

使った残りの頭を使いました。

たかえびの頭には片栗粉を入れて

揚げてみました。

 

 

刺身と天婦羅も美味しかったの

ですが、予想以上に美味しかったのが

最後に作ったたかえびの唐揚げです。

頭に片栗粉をまぶしてじっくり

揚げたら香ばしくて食感も良く味

も絶品でした。

 

レシピでは天婦羅にする

場合も背わたを取り除くように

と書いてあったのですが、

 

今回はあえて背わた

を取らなかったのですが、

全く気になりませんでした。

 

たかえびの頭にはみそが

あるので味にコクがある

のかもしれません。

 

ふなっちー

捨てるのはもったいないなっちー。

 

たかえびの調理2
エビチリ

 

さらには

後日エビチリを作ってみました。

 

普通エビチリはブラックタイガーとか

芝エビとか安めのエビでも十分作れま

すけど、安めのエビだとどうしても

処理をしっかりやらないとおいしい

エビチリが作れません!

 

高級なたかえびを使えば、それだけ

でそこまで苦労して下処理をせずとも

美味しいエビチリになるんです!

 

下ごしらえは解凍して皮をむき

爪楊枝で背わたを取りました。

 

片栗粉をまぶし沸かした

お湯にサッとくぐらせて

ざるにあけます。

 

フライパンに油(何でも良い

のですが我が家はオリーブ油)

をひき海老の頭と皮を炒め

取り出してからそのまま

フライパンで薄切りの玉ねぎを

炒め海老と調味料を入れ一煮たち

したら出来上がです。

 

今回の海老の分量に対し調味料は

水50cc 酒大さじ2分の1 酢大さじ1

砂糖大さじ2分の1 ケチャップ大さじ1

豆板醤大さじ2分の1 片栗粉少々を

あらかじめ混ぜておきます。

 

今回はたかえび200グラム(12尾)

と玉ねぎ70グラムをフライパンで

炒めました。

 

これができあがったエビチリです。

 

 

ぷりぷりしたたかえびの食感も

ありとてもおいしかったです!

 

たかえびの調理3
串刺し

 

今度はたかえびをそのまま

焼いて食べてみました。

 

ふなっちー

これが一番シンプルな
食べ方なっちー。

 

たかえびを解凍して、串に刺して

魚グリルで焼いただけです。

 

塩もふっていませんし、今回は

背わたも取り除かずにそのまま

焼いただけなんです。

 

今回はすだちをかけていただきました。

焼きたての熱いうちは串からもすっと

たかえびは抜けました。

 

たかえびを焼くときは串を刺すだけ

でいいんですが、身が熱くて

触れないときは身をアルミホイルで

包んだ状態で手で持つと串は

すっと抜けますよ。

 

ちょうど家にお客さんが

来ていたので出したのですが、

みんな頭からしっぽまで丸ごと

バリバリと食べていました

 

全然臭みもなく、殻まで

柔らかくて美味しいと大変

好評でした!

 

これは調理が簡単なうえに

捨てるところなく、全部

食べられる方法なので、

生ごみも出ないしいいですよね!

 

たかえびの調理3
スープ

後日さらに、たかえびの

エビチリを作った時の頭を

ダシにしてスープを作ってみました。

 

たかえびの頭を水で煮込んでダシを

取り、そこにオリーブ油で炒めた

野菜(トマト、玉ねぎ、ズッキーニ)

とベーコンを入れてスープにしてみました。

 

味付けは塩と胡椒だけですが、

このスープも絶品でしたよ!

 

たかえびって使える料理も

非常に多いので、ぜひリピート

でまた申し込みたいと思いました。

 

ふるさと納税のうなぎも

おすすめです。

>>ふるさと納税、うなぎ(佐賀県上峰町返礼品)体験レビュー

 

お米のふるさと納税も

おすすめです!

>>ふるさと納税、お米(大阪府泉佐野市返礼品)体験レビュー