ふるさと納税をやったことないけど、

お得なら、ぜひ自分でもやってみたい!

と思ってる方も多いのではないでしょうか?

 

今すぐやること
  • 自分の年収でふるさと納税ができるのか?
  • できるならいくらまでできるのか?

以上のポイントを調べることです。

 

いくらふるさと納税できるか?

年収によって、一年間にふるさと納税できる金額は決まっています。

 

 

ただ

これは目安の金額になります。

自治体によって、

税率の計算が微妙に変わってしまいます。

 

厳密な限度額は税理士さんに聞くか

最寄りの税務署に確認してくださいね。

 

 

その金額を越えて

ふるさと納税してしまうと、

 

それは単なるその自治体への

寄付になってしまうのです!

ふなっちー

これじゃ意味ないなっちー!

まず、年収が低すぎる人はふるさと納税自体ができません。

 

その境界は年収200万円を越えているかどうか

となっています。

 

あなたの年収は200万円を越えていますか?

 

独身で年収が手取りで200万円だとしたら、

年間1万5000円はふるさと納税ができます。

 

 

え?

年収200万円越えているのに、

今までふるさと納税をしたことがない?

ふなっちー

あなた、かなり損をしてるなっちー!

 

でも、場合によっては

年収200万円以上でも

ふるさと納税できない人もいます。

>>ふるさと納税ができない人は?年収200万円以上でも不可?

 

ふるさと納税はやらないと損!

 

親へのお歳暮やお中元も私はふるさと納税です。

ビールを送ったら喜んでました。

 

私負担してませんけど。

しかもポイントついて得してますけど

 

まずは、それに気付きましょう!

 

ふるさと納税は名目上は寄付ではありますが、

 

お金が有り余ってる富裕層が自治体に

寄付するためのものとでも思っていませんか?

 

ふなっちー

全くの誤解なっちー!

ふるさと納税というのは2000円だけ手数料がかかかりますが、

 

それ以外は自分がもらっている

給料から自動的に引かれる税金を先払い

しているだけなのです。

 

ふるさと納税の手数料について

ここで勘違いしやすいポイントは、

 

手数料2000円は年間の

ふるさと納税全体に関してかかる手数料

となっています。

 

ふなっちー

ふるさと納税するたびに2000円の手数料がかかってしまうわけないなっちー!

 

たとえば、1年の間に1万円の

ふるさと納税を10回やったら、

 

10万-2千円=9万8千円の

ふるさと納税をしたことになります。

 

それに対して、

2018年現在では30%相当のお礼品がもらえる

という仕組みです。

 

還元率の変化

じつはこれ5月までは50%相当のお礼品だったのです。

 

しかし、ふるさと納税の寄付獲得のために

競争が過熱し過ぎてしまいました。

 

これを抑制するために総務省がお礼品を目安として

 

寄付金額の30%までに下げましょう

というお達しを出してしまった

ので下げられてしまいました。

 

ふなっちー

悲しいけど、それでも断然お得なっちー!

 

それでもふるさと納税が非常に美味しいことに変わりはありません。

 

ふるさと納税がどんなものだろうと思っているあなた

 

節約したいならふるさと納税すべき!

少しでも、お金を貯めたいと思って、

普段から節約してるのでは?

 

  • 家の電気をこまめに消して、電気代を節約する?
  • スーパーの特売のチラシを見て特売品の卵を買う?
  • 車の保険や、携帯電話のプランを見直す?

 

そういう節約を一生懸命やってること自体は良いことです。

 

でも、

節約に頭と労力を使ってるのに、

ふるさと納税をやっていない?

 

 

節約を意識して行動しているのに

ふるさと納税していない方。。。

 

ふなっちー

オイラには全然理解できないなっちー!

投資に興味ある人もふるさと納税すべき

資産を増やしたいから、投資をする人がいます。

 

  • 不動産投資で家賃収入を得る?
  • FXや株の取引で利益を出す?

 

このような投資に興味がある。

もしくはやっているにも関わらず、

ふるさと納税をしていない?

 

私には理解できません!

 

ふるさと納税は年収の制限範囲内でやれば

確実に得をする投資なのです。

 

ふなっちー

不動産投資やFX、株もギャンブル性があるなっちー

 

不動産投資には、空き室リスク、老朽化による修繕費用の発生、

 

天災や火事により物件の建物がなくなってしまうリスクもあります。

 

FXや株は日々価値が変動します。

 

正直、競馬やパチンコのようなギャンブルと

同様に投資にもギャンブル性があります。

 

ふるさと納税には投資につきものである

ギャンブル性が全くありません!

 

年収から計算して、

可能な範囲でふるさと納税すれば

確実に得をするのです。

 

1万円のふるさと納税をすれば、3000円程度のお礼の品物がもらえます。

 

手数料が一年間で2000円かかりますが、

 

1万円分ふるさと納税しただけでも

1000円分得しているではないですか!

 

ふるさと納税はクレカで払える!

しかも、ふるさと納税は

クレジットカードで払えます!

 

 

クレジットカードでふるさと納税をすれば、

ポイントがつきますよね。

>>ふるさと納税の支払方法をお得に!クレジットカードを変更するだけ?

 

このポイントは

給料から自動的に差し引かれる形で、

税金を払っている場合には当然もらえません!

 

ですから、ふるさと納税で

いくら得するのか計算はとても単純です。

 

一年間に払ったふるさと納税×0.3-手数料2000円+クレジットカードで還元されるポイント

 

ふなっちー

こんな簡単な計算、

小学校でもできるなっちー!

 

 

ふるさと納税にはリスクがない!

不動産投資をやろうと思ったら、

立地や物件の状態、利回り、家賃相場

などをしっかり調べなくてはいけません。

 

株をやろうと思ったら

その株式会社の経営計画、景気の動向

などを見て、

 

売りの時期、買いの時期を

見極めなくてはいけません。

 

FX取引をやろうと思ったら、

その国の政治情勢、景気などを見て

判断せねばいけません。

 

投資はこういった複雑な要素をふまえて

いくら悩んでも結局どれぐらい儲かるだろう

という予想ができるにすぎません。

 

ふなっちー

ふるさと納税は予想の必要なっちー!

経済の勉強をする必要もなっちー!

不動産投資、株、FXへの投資では、

しっかり勉強しても得するとは限りません!

 

ふるさと納税は違います!

 

年収でできる範囲内でやれば

100%得する投資なのです!

 

「一年間に払ったふるさと納税*0.3-手数料2000円+クレジットカードで還元されるポイント」という計算結果の通りに得することが確定しているのですから!

 

ただ、前半でもご説明した通り、

 

ふるさと納税は年収が

200万円以上ある人

しかできません。

 

 

また年収200万あれば、誰でもふるさと納税できるというわけではありません。

 

独身で年収200万円の人は

15000円のふるさと納税ができます。

 

結婚して配偶者がいて子供もいる場合、

年収200万円ではふるさと納税ができません!

 

年金収入で200万円の人は、

年収200万円ではふるさと納税ができません!

 

ご自分がふるさと納税ができるのかをまずしっかり確認しましょう。

ふなっちー

そして、できるなら必ずふるさと納税しなっちー!

 

ふるさと納税のお支払いには

クレジットカード払いが断然オススメ!

 

クレカの中でも特に還元率の高い

最強カードをご紹介します。

>>ふるさと納税の支払方法をお得に!クレジットカードを変更するだけ?