ふるさと納税した場合、

確定申告または、ワンストップ特例申請

をすることで

税金控除を受けることができます。

 

基本的に

確定申告だろうが、ワンストップだろうが

控除される税金の額は同じです。

 

税務署や役所に問い合わせても

そのように回答されるでしょう。

 

しかーし

それは100%ではありません。

 

実は

確定申告をした方が得になる

逆にワンストップ特例申請をしたほうが

得になるケースも存在しますよ。

 

 

確定申告の方が得になるのはどんな時?

それはどんな場合か?

 

計算式を出して実例を計算しても

いいんですが

すごーく複雑になります。

 

ふなっちー

総務省のホームページに計算式が載っているなっちー!

 

ズバリ

結論をいいましょう。

 

限度額ぎりぎりまで、

るさと納税するならば

確定申告をした方が得!

のようですね。

 

どんな人が確定申告するべき?

ただ、

年収が低い人はそもそも

確定申告とワンストップ特例申請

の控除額に差があったとしても

微々たるものですから、

手間をかけて確定申告するのは

もったいないかも・・・

 

だから

ワンストップ特例申請で

いいんじゃないかと思います。

 

年収、450万円を超えてる人は

  • 限度額かその近くやるなら確定申告する
  • 限度額までやらずに少なめにしておく

にしておけばいいんじゃないかと

思います。

 

絶対損したくない人はどうすればいい?

そもそも

少なくとも初めてふるさと納税を

やる人は限度額までやるんじゃなくて

少な目にふるさと納税したほう

がいいと思いますよ。

 

私もそうしましたが

大抵の人は普通そうしますよね。

 

もしくは

ぜーったいに得したい人は

自分の場合どっちが得かお住まいの

地域の役所に問い合わせましょう。

 

ふなっちー

結局それが一番確実なっちー!

 

ただ

結果的にどっちでも同じですよ

って言われるパターンが

多いらしいですけどね。

 

あ、

ちなみにその場合でも

ワンストップ特例申請よりも

さらにお得になるって意味であって

ふるさと納税でワンストップ特例申請したら

ふるさと納税しないよりも

損するってことはないですよ。

 

ふなっちー

少なくとも、やらないよりは得なっちー!

 

そこは勘違いしないよーに

してくださいね!

 

確定申告にするか、ワンストップ特例制度

を使うかは悩むのはわかりますが、

それでふるさと納税自体やるかどうか

悩むのはナンセンスですから

 

まあ、

高額医療控除の手続きとか

考えても、なんだかんだいって

確定申告した方がいいと

私は思いますけどね。

 

高額医療控除については

以下の記事をチェック!

 

>>高額医療控除の確定申告はいくらから?申請方法や手続きは?

 

でも

確定申告の方が得になるケースがあるって

いまいちですよね~。

 

ワンストップ特例を使ったとしても、

確定申告と同じように計算されたとしても

寄付した人間が得になる仕組みに

なってればいいんですけどね~。

 

税務署としては極力

自分たちの負担を減らしたいから

ワンストップ特例制度を

設けてるんですよね。

 

ワンストップ特例制度って

デメリットして

寄付する自治体が5箇所以下に

限定されるし、

寄付するたびに申請書を

提出しなくちゃいけないんです。

 

確定申告ならば、

全部まとめて一回ですみますからね。

 

ワンストップ特例の申請書は

ほとんどの自治体は

郵送しか認めてないんですが。

確定申告ってパソコンと

マイナンバーカード

とICカードリーダライタの3つがあれば

家から一歩も出ずにできちゃいますよ。

 

パソコンだって

ふなっちー

例えば、こんな安いのもあるなっちー!

 

ICカードリーダライタだって

ふなっちー

こんなやつを2000円前後で買えますなっちー!

 

私も

確定申告してますけど

税務署行ったことありませんから!

ネットで確定申告できます。