ふるさと納税に興味を持ち始めたら、

ふるさと納税がそもそもできるのか?

調べてみましょう。

 

そしてできる場合には、

限度額範囲内でふるさと納税をします。

>>ふるさと納税は年収200万が目安?

>>ふるさと納税ができない人は?

 

 

ふなっちー

ふるさと納税ならウナギもタダで食べれるなっちー 

 

ふるさと納税の注意点

ただ、注意してほしいのは、

お礼品を選んで寄付を申し込んで

ではありません!

 

 

ふるさと納税をしただけでは、

市町村にあなたがふるさと納税を

したことが伝わっていません。

 

 

もしも?

次の年まで放置してしまうと、

どうなるかわかります?

 

ふなっちー

大変なことになるなっちー!

 

あなたのお住まいの市町村は

ふるさと納税で先払いした分も含めて

住民税をあなたから徴収しちゃいます!

 

 

先払いした住民税を

二重に払う

ってことですよ!

 

お得だからと、ふるさと納税をやってみても

これではとんでもない大損ですよ!

 

ふるさと納税には手続きが必要

だから、お住まいの市町村に対して

去年ふるさと納税でこれだけ先払いしたから、

その分は徴収しないでね!と

 

ふるさと納税したことを

教えてあげる手続きが必要なんです。

 

ふなっちー

それには2つの方法があるなっちー!

 

ふるさと納税した後の手続き
  • 確定申告でふるさと納税した金額を申告
  • ワンストップ特例制度を使用する

 

自営業の方、不動産投資などやっている人は

確定申告をすでにやっているはずなので、

 

ふるさと納税の申告をついでにする

というのは大した手間ではないでしょう。

 

でも、普通のサラリーマンであれば、

確定申告はちょっとハードルが高いですよね!

ふるさと納税を使えば

こんな豚肉も無料でゲット!

 

ワンストップ特例制度について

お得だから、

ふるさと納税はしたい!

でも確定申告はめんどう!

 

 

そんな人のために

ワンストップ特例制度があるのです。

 

ワンストップ特例制度を使うべき人
  • サラリーマンで今まで確定申告をする必要がなかった人
  • 医療費が同一家計で10万円を明らかに超えてない人
  • ふるさと納税できる上限額が低い(5万円以下)の人

 

上の条件に該当する人は

「ワンストップ特例制度」

を使いましょう。

 

 

それでは!!

ワンストップ特例制度の仕組み

について簡単に説明しましょう。

 

例えば、あなたはA市に住んでおり、

A市に毎月住民税を払っています。

 

そして、あなたがB市に

1万円ふるさと納税をしたとします。

 

このふるさと納税したときにB市に対して

「ワンストップ特例制度」の書類を提出。

 

こうすることで、B市からA市に対して

「この人はB市に1万円寄付してくれました。

ですから、A市が徴収する住民税は1万円減らしてくださいね」

とお願いしてもらえるわけです。

 

たとえば、

楽天市場でワンストップ特例制度

適用してふるさと納税を希望するなら、

 

注文するときに

「ワンストップ特例申請書の送付について」

という項目にチェックをいれてください。

 

 

こうすれば、

 

  • 寄付金額証明書
  • ワンストップ特例申請書

以上の書類が送られてきますので、

それに記入して提出すればいいのです。

 

 

自治体によっては

「ワンストップ特例申請書の送付について」

という項目がない場合もあります。

 

そういう場合は、寄付金額証明書と一緒に

ワンストップ特例申請書が郵送される

ので安心してください。

 

また

ワンストップ特例申請書の

提出期限は翌年の1月10日頃です。

これに間に合わなかった場合は

確定申告するしかなくなってしまいます。

申し込みのたびに提出する必要がありますので

 

忘れないように毎回すぐに

提出してしまうのが良いでしょう。

 

 

ふなっちー

確定申告する人は書類使わないから捨てて大丈夫なっちー!

 

不明な点があったら?

また、不明な点がもしあれば

自治体に電話やメールで相談

してみましょう。

 

質問された自治体は喜んで

あなたにちゃんと教えてくれるはずですよ!

 

だって、あなたは

その自治体にとっては恩人

ですから!

 

お役所仕事みたいな

雑な対応されることはありえません。

 

そこで、嫌わるような態度取ったら、

今度から寄付がもらえなくなりますからね。

 

ワンストップ特例制度の制約

ただし!!

ワンストップ特例制度を適用すると、

確定申告に比べて2つの制約がつきます。

 

ワンストップ特例制度を使った場合の制約
  • ふるさと納税の対象の自治体が5箇所以下に限定される
  • ふるさと納税した分の税額控除が全て住民税からになる

 

後者に関して捕捉すれば、

所得税と住民税から控除される分が

住民税から全部控除されるようになります。

 

ふなっちー

でもこれ、ぶっちゃけどうでもいいなっちー!

どっちでも結果は同じですからね。

 

会社からもらう給料明細で

所得税が1000円、住民税が1000円

安くなっているか、

 

もしくは

住民税が2000円安くなっているか

の違いですから。

 

大抵の場合、

ワンストップ特例制度を使っても

確定申告と比べて一円も損はしません。

ふなっちー

安心してほしいなっちー!

 

ただ、

確定申告の方が得になるケースも存在します。

>>確定申告した方がワンストップよりも得になるケースもある?

 

ふるさと納税は値段から安いもので

2000円からあります。

それでも、1万円代が一番多いようです。

 

どんな人にワンストップ特例制度はおすすめ?

ワンストップ特例制度が使えるのは、

寄付した自治体が5箇所以下の場合

に限られます。

 

ですから寄付できる金額が

 

 

5万円以下の方はふるさと納税のためだけに

確定申告するのは手間がもったいない!!

 

ですから、

ワンストップ特例制度を使いましょう。

 

 

ちなみに年収450万円の独身者ならば

寄付できる上限は53000円です。

 

 

簡単にいえば、

年収450万以下の人は

ワンストップ特例制度でいいと思います。

 

こちらの記事を読んで、

ふるさと納税できるかチェック!

>>ふるさと納税ができない人は?年収200万円以上でも不可?

 

 

高額医療控除も知らないと大損する!

ちょっと話はそれますが、

高額医療控除って何か知ってますか?

 

  • 大きな手術をした
  • 入院をした
  • 歯の矯正 などなど

 

保険の効かない治療をしたなどで

医療費が年間10万円超えている人は

高額医療控除の対象になります。

 

ふるさと納税しているかどうかの有無に関わらず

確定申告はやってください!

 

ふなっちー

ただ、義務ではないなっちー!

 

面倒ならばやらなくてもいいですよ。

 

数千~数十万円損しますが!

 

そんなの痛くも痒くもないなら、

そもそもふるさと納税しないですけど。。。

 

高額医療控除というのは、

払い過ぎた医療費を年収に応じて、

一部返してくれるシステムですから!

 

ふなっちー

確定申告しないと、国は嬉しいなっちー。

 

あなたに余計なお金を

払わなくていいんですから。

 

国が負担してくれる部分まで

自分で負担してあげようなんて

ずいぶんと心が広いですね~。

 

ふなっちー

尊敬するなっちー!

 

え?

自分は若いし健康だから

関係ないって思ってます?

 

誰だって年を取ります。

病気にもなります。

 

ふなっちー

若くたっていつ病気になるかなんて誰にもわからないなっちー!

 

高額医療控除って何?

って思ったらこちらの記事をチェック!

>>高額医療控除とは?保険が効かない治療費や薬代も節約できる?