税金の仕組みってものすごく

複雑ですよね。

日本の税制って毎年のように

変わっていきます。

 

税金のプロである税理士さんで

さえも、日本の税金ってあまりにも

種類が多すぎて全部は

理解してないんだそうですよ。

 

もちろん 

税理士ではない一般人は

税金のことそんなに詳しく

なる必要はないんですが

最低限のことは知らなくては

いけないのです。

 

でも「年末調整」とか「確定申告」

がそもそも何者かすら理解してない

人って実は少なくないです。

 

ふなっちー

いくら詳しくなる必要はないとは
いえそれはあまりにも無知すぎるなっちー!

 

この記事では「年末調整」と

「確定申告」が何なのか、

その違いは何かを

説明したいと思います。

 

 

確定申告とは何か?

確定申告とはそもそも何か?

まずはそれを説明しないことには

年末調整が何かの説明ができません。

 

確定申告というのは、所得にかかる

税金の額を計算し、税金を支払う

手続きです。

 

ここでいう所得とは

1月1日から12月31日までの

1年間の収入、すなわち年収です。

確定申告の期限は

翌年の2月16日から3月15日です。

 

ふなっちー

ただし電子申告ならば翌年の1月頭から
申請することができるなっちー。

 

サラリーマンであれば

毎月の給料から自動的

に税金は天引きされていますが、

自営業の場合は、毎月のように

税金を払っているわけではなく、

この確定申告のタイミングに1年分

をまとめて払っているのです。

 

確定申告は1年間の所得を

申告する以外にも、

  • ふるさと納税などの寄付金を払ったことの申告、
  • 自宅を購入して、その分の税金控除を受けるための住宅ローン控除
  • 高額医療控除の申告

などもまとめて行います。

 

高額医療控除って何?

自分健康だし関係ないかな?

って思ってる人危険ですよ。

 

年をとれば誰だって病気になります。

自分が家族がいつ病気になるか

なんて誰にもわかりません。

そうなってから0から調べますか?

 

どんなシステムかぐらいは

絶対知っておきましょう。

>>高額医療控除の確定申告はいくらから?申請方法や手続きは?

 

高額医療控除って10万円を

超えるかどうかが境界点

なのですが、条件によっては

もっと低い金額でも使えるんです。

 

>>高額医療控除って 10万円未満でもできるケースがある!その条件とは?

 

 

また

確定申告では、これ以外にも

生命保険や確定型拠出年金を

やっている場合には

これらについての控除の申告も

併せて行います。

 

>>保険に入るならやらないと損!保険料控除、その内容とは?

>>破格の節税効果!超おいしい個人型確定拠出年金(iDeCO)とは?

 

確定申告はすれば税金を取られる

とは限りません!

は税金を払いすぎているから

逆に返してくれる場合だってあります。

 

年末調整とは
そもそも何か?

 

特に

年末調整はサラリーマンで

何者が理解してないのは

非常に問題と思います。

 

年末調整とは何か?

それを一言でいえば

「会社が従業員の確定申告を

まとめてやるためのシステム」

と言えます。

 

サラリーマンであれば毎月の

給料から所得税や住民税、

健康保険料などが引かれて

手取りの給料が入りますよね。

 

でも

あの毎月給料から引かれてる

税金って厳密な金額ではないんです。

 

 

所得税の金額ってその年の年収

の額面によって決まります。

ということは12月にその年の

最後の給料やボーナスをもらうまでは

その年に負担するべき、税金の金額って

決定しないんです。

 

ですから

会社は、あなたの去年の

給料などから「この人の年収は今年は

大体これぐらいだろう」と計算して、

その分を12等分して、毎月の給料から

差し引いているわけです。

 

わかりやすくいえば、あなたの

年収から支払うべき税金が一年に

60万円だとしたら

60/12=5 万円をあなたの毎月の給料から

差し引いているわけです。

 

でもこれは去年の年収などから

この人の年収はこんなものだろうと

会社が予想しているだけなので

必ず誤差が生まれます。

 

ふなっちー

ボーナスの変動や残業手当、出張手当などで
絶対に誤差が生まれるなっちー!

 

それで実際課せられる税金よりも

多く天引きしてしまった場合には

あなたに会社が取り過ぎた分を

返してくれますし、

逆に不足していた場合はさらに

不足分をあなたの12月の給料から

差し引いてつじつまを合わせるのです。

 

それでも足りない場合は会社に

お金を振り込むように言われます。

要は12月の給料の手取りが

マイナスになるのです。

 

私も振り込んだことあります。

ボーナスもらった後にそれを

一部取り上げられているようで

なんか悔しいですが。 笑

こういう仕組みなので

仕方ないのです。

 

例えば

あなたの去年の年収が600万

だとしたら、会社はあなたの

年収は600万円だととりあえず

想定して毎月、給料から税金

を徴収してます。

年収が下がって550万円だったら

取りすぎた税金を返してくれますし、

逆に650万円だったら足りない分を

12月の給料から徴収します。

 

 

この会社がやる処理のことを

「年末調整」と言います。

 

サラリーマンであれば、

この「年末調整」で会社が

従業員に代わってまとめて

確定申告してくれるのです。

 

ふるさと納税と年末調整って関係がよくわからない!

それについては以下の記事をチェック!

>>ふるさと納税は年末調整の後でもできる?いつまで控除の対象?

 

 

 

年末調整ができない人とは?

 

この年末調整をすることで

サラリーマンは確定申告を自分で

やらなくてよいのです。

 

ただ、だからといって

全てのサラリーマンが年末調整が

できるわけではないのです。

 

年末調整できない人のはこんな人
  • 年収(額面)が2000万円を超える
  • 年末まで職場に在籍していなかった人
  • 非居住者や日雇い労働者

 

ここでいう非居住者とは、

日本国内に住所がない、また1年以上

居所もいない人を指します。

 

これらの条件に当てはまる人は

確定申告しなくてはいけません!

 

 

 

年末調整と確定申告は
時期が違う!

 

ここまで読んで、

確定申告と年末調整が何か

理解できたでしょうか?

 

「自分が書いたあの書類は

何だったんだろう!」

ってまだわかってない方でも

区別するにはやった時期を

考えればわかりますよ!

 

年末調整と確定申告は

やる時期が違います。

 

その年の11月から12月に

会社でやるのが年末調整であり、

翌年の2~3月に個人で

やるのが確定申告です。

 

ふるさと納税の
ワンストップ特例
申請には年末調整が必要

 

ちなみに

ふるさと納税の税金控除の手続き

には確定申告とより簡単な

書類一枚出すだけで終わる

「ワンストップ特例申請」

があります。

 

このワンストップ特例申請を

使用するには会社で年末調整を

していることが

必要条件になっているのです。

 

>>ふるさと納税のワンストップはいつまで?申請書の書き方&流れ