ふるさと納税の返礼品は

食べ物を中心に、ビールや

旅行券など数多くありますが、

その中でも安定して常に

人気があるのがお米ですね。

 

日本人ならお米ってほぼ

毎日食べますよね。

 

そのお米を買う費用を

ふるさと納税でカバー

してしまえば、食費を

大きく節約することができます。

 

ふるさと納税の返礼品で

普段買えない高級なお肉やうなぎ、

高級酒などをもらっちゃう

っていうのもいいのですよね。

 

ふなっちー

魅力的な返礼品を色々見て
悩むのも楽しいなっちー!

 

でもお米をもらっちゃえば

その分浮いたお金を

貯めておくなり、その分で何か

自分へのご褒美で贅沢しちゃうなり

色々選択肢がありますからね。

 

2018年のふるさと納税の

返礼品で、どんなお米がよりお得で

人気があるのか、最新の動向を

調査して紹介したいと思います。

1万円の寄付でもらえる
お米の量の最大は?

 

お米のふるさと納税って

一万円だと10kg,

多くても15kgというのが

一般的です。

 

総務省からふるさと納税の

返礼品は寄付金額の3割程度に

しなさいとのお達しが

でてしまったこともあり、

還元率は下げられてしまいました。

 

しかーし、

一部の自治体では

1万円で、20kgのお米を

返礼品にしてる自治体が

存在していました。

 

ふなっちー

ちゃんと探せばお得な返礼品があるなっちー!

 

私も15kgのお米でも

かなり還元率高くてお得!

って認識だったので

これは盲点でした!

 

例えば

1万円以上の寄付で20kgのお米をくれる

自治体は以下のようになっています。

 

1万円で20kgという自治体もあったのですが

ほとんどは見直されてしまったようです。

 

1万円以上の寄付で20kgのお米がもらえる自治体

茨木県堺町:    1万2千円の寄付で茨城県のお米4種食べくらべ20kgセット

千葉県長生村:1万円の寄付でふさこがね(白米20kg)

岡山県総社町 :1万円の寄付でそうじゃのお米「精白米」20kg (終了)

茨城県河内町:1万円の寄付で平成30年産コシヒカリ20kg (終了)

香川県三木町 :1万円の寄付で香川県産「精白米」20kg (終了)

福島県広野町 :1万7千円の寄付で特別栽培コシヒカリ(精米10kg×2) 

高知県奈半利町(ふるさとチョイス):1万円の寄付でなはりの米(白米20kg)

 高知県奈半利町(ヤマダ電機):1万円の寄付でなはりの米(白米20kg)

 

ふなっちー

こんなにたくさんの自治体があるなっちー!

 

1万円で20kgなら安い米?

海外の安い米とかブレンドして

量を水増ししてるだけで味も

品質もひどいんじゃないの?

 

と思いきやとんでもない!

 

あの超有名なコシヒカリ

だってあるんです!

 

ちなみに同じく1万円で

20kgの玄米というのもあります。

 

1万円の寄付で20kgの玄米がもらえる自治体

岡山県総社町 :1万円の寄付でそうじゃのお米「玄米」20kg

(平成31年1月送付)

岡山県総社町 :1万円の寄付でそうじゃのお米「玄米」20kg

(平成31年2月送付)

*2018年11月時点では終了しています。

 

ふなっちー

健康ブームでお米の代わりに玄米を
食べるのって結構流行ってるなっちー!

 

実は私もこれじゃないですけど、

ふるさと納税の返礼品で精米と

間違えて玄米をもらってしまった

ことあります。

正直精米しか食べてないと

あまり美味しくは

感じられませんね。

栄養価は精米より高いようですが。

 

 

ちなみに玄米って精米すると

10%ぐらい減ってしまうそうです。

ですから、20kgの玄米も精米

して食べようとすると18kgに

なっちゃうってことですね。

 

玄米の状態でもらって食べる

直前に精米するという考えでも

玄米でもらうというのも

ありですね。

 

同じコシヒカリが

楽天市場で普通に買うと

いくらなんでしょうか?

 

 

同じコシヒカリでも

産地によって値段が違うんですね。

特に新潟産のコシヒカリは

高級なようです。

 

それにしたって他の地域の

コシヒカリを普通に買っても

7000円以上するのに

それが1万円の寄付に対する

返礼品ですよ!

 

実に還元率70%以上!

 

ふるさと納税の限度額が1万円

って人がやっても確実に得しますね。

 

 

還元率の高いふるさと納税の
米はなくなってしまうかも!

 

ただここまで還元率の高い

ふるさと納税のお米は今後

なくなってしまう可能性が高いです!

 

ふなっちー

総務省が問題視しているなっちー。

 

今のうちに申し込んでおかないと

公開することになるかもしれません!

 

>>総務省がふるさと納税制度見直し?反対意見は?

 

還元率が高い返礼品を提供する

自治体って我々ふるさと納税の

利用者にとってはありがたい

存在なんですが、総務省には

目をつけられてしまってるんです!

 

 

1万円で20kgの
お米の中でおすすめは?

 

1万円で20kgというのが

一番お得なのは間違いないですね。

 

正直、1万円で20kgもらえるならば

全部同率一位でもよくない?

ってちょっと思ってしまいましたが 笑

 

あえてその中でどれがいいのか

私なりに分析して

ランキングしてみました。

 

ただ本当に私なりですからね。

異論反論は当然あると思います

が暖かい目で見てくださいね!

 

どうしてもこのブランドが好きで

このブランドのお米以外食べたくない!

ってなると違ってきますしね。

量より質!っいう考え方もあります

し、まあ私も色々食べ比べてますが、

どれもめちゃくちゃ質は良いと思う

んですけどね。

 

ふるさと納税の
お米ランキング1位
茨城県のお米4種
食べくらべ20kgセット

 

茨城県堺町茨城県のお米4種

食べくらべ20kgセット

 

あえてこの中から1位を

選ぶとしたら私はこれですね!

 

だって、

どうせ同じ20kgのお米もらうならば

5kgずつ違うお米を

食べ比べられるほうが

嬉しいに決まってるじゃないですか!

 

4種類のお米とは

以下のようになっています

 

下記の種類の中から、4種類20kg(5kg×4袋)
・H30年産コシヒカリ・・・必ず入ります。
・H30年産ひとめぼれ
・H30年産ゆめひたち
・H30年産あさひの夢
・H30年産あきたこまち
・H30年産ミルキークイーン

 

茨城県の返礼品なのに

あきたこまちがある・・・笑

 

ただ調べてみたらあきたこまちって

実は秋田県しか作れないように

知的財産で守られているわけではなく、

秋田県のお隣の岩手県や、

関東、中国四国地方、そして

九州地方でも作られてるそうです。

 

ふなっちー

だから茨城県産のあきたこまちも
偽物ではなく、れっきとした本物なっちー!

 

ひとめぼれだって宮城県で

生まれた超有名ブランド米です。

宮城県においてコシヒカリと

初星というお米の交配から生みだされた

お米なのです。

ひとめぼれは柔らかくて冷めても

美味しいという評判のお米です。

 

「ゆめひたち」は何かというと

1987年に茨木県で生成された

お米です。

 

炊くとふっくらした柔らかさと

光沢が感じられるお米で、

口に含むと柔らかさとほど良い

粘りがあるそうです。

 

「あさひの夢」は愛知県で

もともと作られたお米ですが、

関東を中心に作られており、

冷めてしまっても美味しいお米

として若い人にも人気があります。

 

お弁当やおにぎりにもよさそうですね。

 

そして最後の「ミルキークイーン」は、

国主導の事業として農業研究センターで

研究がはじまり、コシヒカリの突然変異

で生まれたお米です

 

これだけでもなんかすごそうですよね!

 

そんな「ミルキークイーン」は

アミロース含有量が低く、粘りが強く、

モチモチとした食感で冷めても

硬くなりにくいという特徴があります。

 

 

これはうれしい!

一回ならず、全種類がくるまで

何回も頼みたくなっちゃいますね!

 

また同じ20kgでも

5kgずつ4個っていうのは

うれしいポイントですね。

 

5kgごとなら持ち運びも楽だし、

夫婦のみとか一人暮らしとか

そこまでお米を消費しない家庭ならば

食べきれない分、実家とかに分けて

あげるにしても便利ですからね。

 

ふるさと納税の
お米ランキング2位
そうじゃの米

 

岡山県総社町の「そうじゃのお米」

が二番目かと思います。

 

ふなっちー

「そうじゃのお米」というお米の
ブランドがあるわけではないなっちー!

 

「ヒノヒカリ」「にこまる」

「きぬむすめ」「朝日」という

銘柄のお米から収穫時期に合わせて

選ばれたお米が4つ送られてきます。

 

「ヒノヒカリ」は1989年に

品種登録された新しいブランド

のお米です。

コシヒカリよりはやや小粒で、

極良の味とされています。

2001年や2011年にはヒノヒカリは

特Aにもランクされているほどの

お米なのです。

 

自分で銘柄を指定すること

はできませんが、

これって逆に楽しいですよね!

 

このそうじゃのお米も

全種類制覇するまで何回も

頼んでみたくなっちゃいます!

 

ふるさと納税の
お米ランキング3位
福島県こしひかり 

 

3位を選ぶとしたら

これですね。

福島県広野町の特別栽培米

コシヒカリ(10kg x  2 )

 

コシヒカリはコシヒカリでも

お米の本場は東北地方です。

 

その東北地方の福島県の

お米なのに1万円で20kg

というのはコスパよすぎでしょ!

 

ちなみに楽天市場で

福島県産コシヒカリ 20kgの

値段見たら

安くても7500円ぐらいでした!

 

それが1万円の返礼品ってことは

還元率70%以上ってことです。

 

お米はブランドにこだわりがあるって

人でも東北地方のコシヒカリが嫌いって

人はまずいないんじゃないでしょうか?

 

ふなっちー

2つの意味ですごくおいしいお米なっちー!

 

楽天ふるさと納税のお米も
還元率はかなり高い!

 

楽天市場でもお米の

ふるさと納税はあるんですが

1万円だと15kg ってのが最高ですね。

 

ふなっちー

これが楽天市場で一番人気のお米なっちー!

 

 

大阪府泉佐野市の返礼品ですが

これもかなりのおすすめです。

 

寄付金額 : 10000円

魚沼コシヒカリ : 5kg

新潟コシヒカリ    5kg

宮城県ひとめぼれ : 5kg

 

超贅沢なブランド米 3つの

組み合わせです。

 

この3つのお米、

同じ楽天市場で買おうとすると

魚沼コシヒカリが2980円、

新潟コシヒカリが2200円、

宮城県ひとめぼれが3888円

 

ていうことは合計9068円!

 

ふなっちー

それが1万円だから還元率90%ぐらいなっちー!

 

私は平成29年産を8月に頼んだ

んですが、この場合はうれしい

ポイントが他にもあって、注文

してから配達されるまでの期間

が短いのです。

 

新米ではなく、平成29年のお米

ですからね。

私も8月の頭にそろそろ米が

切れるなあと思ってこれ頼んだら

8月の終わりには届きましたよ。

計画的にふるさと納税申しこむのも

いいのですが、このように切れる

タイミングに頼めるのはとっても

便利ですよ。

 

長期的に計画してきれないよう

に頼むってめんどくさいですよね。

 

平成29年のお米ですが、

パッケージを確認したら、精米日

は1つは8/21, 他の2つは8/24

になっていました。

平成29年産のお米ですが

申し込みを受けてから配達する

直前に精米してるってことですね。

 

ただ

大阪府の自治体の返礼品

なのに、大阪産のお米が

一つもないとは 笑

精米の作業を大阪でやった

上で全国に発送してるんですね。

 

大阪の米っていうんじゃ

確かに全然ネームバリューが

ないんでこうなっちゃうんですね。

 

楽天市場のふるさと納税って

大手のふるさと納税に比べると

種類が少ないし、マイナーに

なってしまいますが

還元率もすごく高くてお得なんですよ!

 

このお米だってもともと

破格の還元率なのに、

楽天カード使って工夫すれば

さらに還元率を上げられます!

 

>>楽天市場でお得に買い物する方法!簡単に還元率7%!

>>楽天市場でふるさと納税する方法!楽天ポイントも使える&貯まる?

 

ふるさと納税サイトが色々

あるのは知ってるけど探し回るの

めんどうくさいって人は

楽天カード持ってるならば、

楽天市場で、ばかりふるさと納税

するのも全然ありと思います!

 

1万円で20kgのお米が
もらえるケースは他にも?

 

実は上でご紹介した以外にも

1万円の寄付金額で20kgが

もらえるケースが存在します。

 

ふなっちー

それは古いお米の場合なっちー!

 

平成30年産のお米は10月以降に

収穫されるので、返礼品として

送られるのですが、

その直前の

9月のタイミングだと楽天市場

などでも平成29年のお米20kg

1万円の返礼品になっていたりします。

 

  • 別に新米にこだわらない
  • 量が多い方が嬉しい
  • 申し込みから早く届く方が良い

という考えであれば、この時期に

1年前のお米を探してみると良いですよ。

 

山形県酒田市の「はえぬき」は

このキャンペーンをやっていて

1万円の寄付で20kgがもらえます。

 

ただこれは期間限定なんで

すぐになくなってしまうでしょうね。

いつもは15kgが、20kgですから

掲載されてもすぐになくなって

しまいます!

 

2万円で40kgのお米
がもらえる自治体は?

 

2万円で40kgのお米をもらえる自治体も

存在しますので、ご紹介します。

 

2万円の寄付で40kgのお米がもらえる自治体

千葉県長生村:2万円の寄付でふさこがね(白米40kg)

福島県広野町 :2万円の寄付で特別栽培コシヒカリ(精米20kg×2) (終了)

 

1万円で20kgを2回申し込んでも

同じじゃないのって思うかもしれませんが

手続きが1回で済むのがメリットですね。

 

また総務省のメスで返礼品の還元率

を見直す自治体も出てきていますので

次に米が切れた時にまた申し込もうと

思ってももうなくなっている、

もしくは寄付金額が同じ量の米に

対して上がってしまっている可能性

があります!

 

すでに北海道妹背町は以前

2万円の寄付でで40kgだったのが

2万6千円で40kgに還元率が

引き下げられていました・・

 

ふなっちー

やっぱり総務省の影響は
大きいなっちー。

 

 

ふるさと納税に
デメリットは?

 

一度はじめてみた人はやらない人

頭おかしいんじゃないのかな?と

思ってしまうぐらいお得なふるさと

納税ですが、デメリットは何かあるか

心配されているのでしょうか?

 

デメリットは1時間弱の手間と

書類を送る郵送費が自腹になる

ぐらいです。

 

もちろん書類だけなんで

90円だけですよ!

 

ワンストップ特例申請であれば、

ワンストップ特例申請書という書類と

マイナンバーカードのコピー、

マイナンバーカードがなければ、

運転免許証などの身分証明書のコピーを

一緒に送る必要があります。

ただ、慣れてしまえば30分も

かからない作業ですよ。

 

5箇所を超える自治体に寄付して

しまうとワンストップ特例申請が

使用できなくなり、

確定申告するしかなくなってしま

いますので確定申告したくない人

は注意してください。

 

ふるさと納税のためだけに

確定申告するのは確かにちょっと

手間が割に合わないかも!

 

ふなっちー

ワンストップ特例申請の内容については
以下の記事を見るなっちー!

 

>>ふるさと納税のワンストップはいつまで?申請書の書き方&流れ

 

他にもデメリットがあるとすれば

手元にお金が無くなるという点も

あげられますね。

 

ふるさと納税というのは、

後で払う住民税、所得税を先に

払ってしまっているわけです。

 

住民税というは1月からではなく

6月から翌年の5月までの区切りで

計算されているのです。

 

そんな税金の仕組みなんて私も

ふるさと納税はじめる前は

知りもしませんでしたが、おかげで

いろいろ勉強なりました。

 

特に住民税の控除分については

翌年の6月以降になりますから、

前払いした分が返ってくるのは

12月にふるさと納税したとしても、

半年先になってしまいます!

 

それに

6月に全額一気に返ってくる

わけではありません。

6月からその翌年の5月までの

12ヶ月で12当分されて控除されます。

 

ふなっちー

ここも注意が必要なっちー。

 

わかりやすく例をあげると

住民税からの控除分が6万円

だとしたら、毎月5000円ずつ

住民税が安くなるということです。

 

いくら返礼品がもらえてお得に

なるとはいえ、家の家賃や

ローンの支払などで毎月の生活費

がギリギリという方がやるには

そこまで考えてやらないと

後悔してしまうかもしれません。

 

ふなっちー

ローンの支払いがふるさと
納税のせいで遅れたりしたら
本末転倒なっちー。

 

ただ

2年目の6月以降であれば

すでに毎月控除されていますから

その控除された分をまたふるさと納税

に回していけば結局同じってことに

なりますけどね。

 

計画的に手元にお金がなくなり

過ぎないようにふるさと納税

していけば問題ないと思います。

 

また、ふるさと納税は

専業主婦、年収が額面で150万円

を下回る人はそもそも住民税、

所得税を負担していませんので

ふるさと納税をやる意味は全くありません。

 

返礼品はもらえますが、確実に

損をするだけなので、こういう人は

絶対やらないでくださいね!

 

ふるさと納税の返礼品は大体

寄付金額の3割程度になっています。

ということは税金控除がされない

専業主婦や学生がふるさと納税で

返礼品をもらうのは3000円で売っている

ものをわざわざ10000円で買っていること

になります。