年が明けたら、お正月、

お正月といえば、家族みんなが

集まる一年で一番大事な

イベントですね。

 

お正月のイベントと言えば、

初日の出を見る、初詣に行く、

年賀状のやり取りなどありますが、

その一つとして欠かせないのが

おせち料理を食べることですよね。

 

まずはこれを

食べないと新年が来たという

感じがしないものといえば

おせち料理ですよね。

 

おせち料理って起源はいつ

なのでしょうか?

また、おせち料理の具材や

種類は歴史的にどのように

変化してきたのでしょうか?

 

この記事では、おせち料理の起源や

具材の種類の変化の歴史について

紹介していきたいと思います。

おせち料理 歴史 由来

 

おせち料理はいつ食べる?

お雑煮を食べる意味や由来は?

については以下の記事をチェック!

 

>>おせちはいつ食べる?お雑煮を食べる意味や由来は?

 

おせち料理の
起源は?

 

おせち料理の起源っていつぐらい

だと思いますか?

 

私も

平安時代とか室町時代?もしくは

江戸時代ぐらいかなーと思って

いましたが、

 

何と!

弥生時代なのだそうです!

 

は?弥生時代?

卑弥呼さまのいた時代ですか?

って思っちゃいますよね。

 

おせち料理 歴史 由来

 

邪馬台国の女王卑弥呼様も

正月におせち料理食べ

たんですかね~。

 

って思ってしまいますよね。

 

稲作が縄文時代の終わりに

中国から日本に伝わり、日本は

それまでの狩猟中心から農耕中心の

生活スタイルに変化しました。

 

このとき、稲作と一緒に

季節ごとに神様にお供えを

するという風習も日本に伝わり、

日本に神様という概念が浸透

していくのです。

 

一年には5つの節があります。

1月7日、3月3日、5月5日、

7月7日、9月9日です。

 

五節句という言葉はなじみがない

かもしれませんが、端午の節句

というのは、みなさん聞いたことが

あるのではないでしょうか?

 

ふなっちー

これは五節句のうちの5月5日
の子供の日を指しているなっちー。

 

この中でも一年の初めの節が

最も重要とされています。

 

この節ごとに神様にお供えする料理の

ことを「御節料理」と呼ぶようになり、

これがのちに「おせち料理」と呼ば

れるようになります。

おせち料理 歴史 由来

 

おせち料理が庶民に
流通したのは?

 

ただ弥生時代におせち料理が

伝わったからと言って、

庶民がお正月におせち料理

を食べるのが習慣になるのは

ずっと先です。

 

ふなっちー

江戸時代後期になるなっちー。

 

それまではおせち料理は

宮中で神様へのお供えとして

出されていたのですが、

江戸時代にはこの意味が

変化してきて、正月に食べる

ものとして庶民の生活の中に

取り入れられたのです。

 

日本って無宗教の国なのに

こういうもの取り入れて

いくところが世界的に見ても

非常に独特で面白いですよね。

 

正月は神様を祝い、

クリスマスはイエスキリスト

を祝いますおね。

 

 

そして死んだら、

大半の人は仏様になりますから

外国人からすれば

3つの宗教の神様を

掛け持ちしてるってことです。

 

それに加えて

最近ではハロウイン

までも仮装の一大イベントに

なってますからね。

 

おせち料理 歴史 由来

 

おせち料理
の変化は?

 

大昔のおせち料理は
もっと質素なものだった

 

おせち料理はその起源である

大昔は作物を入れるのが

中心でした。

 

大昔は単に茶わんに盛り付けた

ご飯がおせち料理だったこと

もあったんです。

 

ふなっちー

もともと稲作と一緒に日本に伝わった
ものであるからわかるなっちー。

 

おせち料理 歴史 由来

 

でも本来は土地ごとにとれた

作物を神様にささげることですからね。

お米だけを作ってる農家の

おせち料理ならば、それは

茶碗によそったご飯ってことになります。

 

 

そこからスタートして、

少しずつ気持ちが込められて

また庶民の食生活も豊かになって

いったことも影響して

豪華な食材が使われるようになり、

現在に至っています。

 

少量多種のおせちが
増えてきた

 

日本では単身世帯や

夫婦だけ、もしくは

夫婦と扶養されている

未成年の子供だけの核家族の

世帯が増加しています。

 

晩婚化が進んでいることも

影響しています。

日本は人口自体が減少に

転じても単身世帯だけは

増え続けていくと考えられています。

 

それに合わせて少人数でも

楽しめる少量で多種の

おせち料理がブームとなっています。

 

健康志向のおせち
がブーム

 

様々な健康食品が販売され、

健康を意識する人が増えてきました。

 

今は飽食の時代、

栄養失調になる人なんてめったに

いない代わりに、食べ過ぎたこと

で病気になる人が増えています。

 

ふなっちー

その健康ブームはおせち料理
にまで現れているなっちー。

 

その結果

低糖質や無添加、無着色の

食材を使ったおせち料理が

注目を集めているのです。

 

重箱に入れないタイプの
おせち料理もブームに

 

おせち料理といえば、

重箱に入ってるのが定番ですよね。

 

最近では、家族だけでなく

友人と大勢集まってパーティ形式

でおせち料理を楽しむ人も

増えています。

 

この場合、おせち料理は、

重箱ではなくオードブルとして

バイキング形式で並べられて

いるのをみんなで取り皿に

分けて食べているようです。

 

合わせて洋風のメニューや

ワイン、シャンパンをおせち

料理と一緒に楽しむようです。

 

ふなっちー

おせち料理にも和洋折衷が
起こっているなっちー。

 

またおせち料理自体にも

中華料理や西洋料理が

盛り込まれたものも増えています。