おせち料理と言えば

お正月の定番ですね。

なんでお正月っておせち料理を

食べるのでしょうか?

 

そしてお雑煮ってなんで

食べるのでしょうか?

 

おせち料理やお雑煮を食べるのが

正月の習慣にはなっているけれど

それはなぜ?と言われると

ちゃんと説明できる人は

少ないのではないでしょうか?

 

ちなみに私の実家は関東ですが、

写真のようなおせち料理でした。

黒豆 酢レンコン 紅白なます

煮しめ かまぼこ たたきゴボウ

田作り 数の子 白味噌仕立て

の雑煮といったところです。

 

おせち料理 いつ食べる

 

おせちはいつ
食べる?

 

そもそもおせち料理っていつ

食べるべきなのでしょうか?

 

は?

聞くまでもなくそんなの正月でしょ!

って大半の人は思ったかも

しれませんね。

 

ですが

お正月じゃなくて大晦日に

おせち料理を食べるっていう

地方もあるんです!

 

例えば

北海道や秋田では

大晦日に除夜の鐘を聞きながら

紅白歌合戦を見ながら

おせち料理を食べるのが

習慣になっているのです!

 

ふなっちー

ただ正月に食べるのが最も
主流ではあるなっちー!

 

さらにはお年玉も

大晦日にあげるのだそうです。

 

なぜおせち料理を食べる

年末の家事の忙しさに追われた

主婦が、お正月だけでも作りためて

おいたおせち料理を食べることで

休んでもらうためとか、

年末に忘年会などで暴飲暴食を

しすぎた胃を休めるために

カロリーの低いおせち料理を

食べるとか言われていますね。

 

おせち料理に使われる

各具材の意味や由来については

以下の記事で紹介しています。

>>おせち料理の意味と由来まとめ!れんこん・くわい・黒豆など

 

お雑煮を食べる
意味や由来は?

 

ではおせち料理と一緒に

食べる汁物の定番と言えば

お雑煮ですが、お雑煮って

なぜ食べるのでしょうか?

 

ふなっちー

それには神様が関係している
のでごんす。

 

日本では、お正月になると

神様がやってくるという風に

信じられています。

その神様へのお供えとして、

お餅を備えるというのが風習なのです。

 

鏡餅を正月に飾るのも

そういう意味でやってるんですね。

 

そして、

その神様にお供えしたお餅を

食べることで神様からの

加護や恩恵が受けられると

考えられているのです。

 

お雑煮でお餅を食べるのは、

神様からのありがたい贈り物を

いただくという意味だったんですね。

 

ちなみにお正月にお雑煮を

食べるという日本人の風習の

歴史は非常に古く

何と平安時代から続いてい

るのだそうです。

 

お雑煮の地方に
よる違いとは?

 

一言にお雑煮と言っても

地方によってその内容は

大きく違ってきます。

 

ふなっちー

関東と関西だとまずお餅の
形が違うなっちー!

 

まず

西だと、お雑煮にいれるお餅

って丸いものが一般的なんです。

 

私も父方の祖父母は、二人とも

京都出身だったのでお雑煮や

おせちは関西風でした。

だしは鰹節と昆布でした。

 

年末やお正月に行くと、

祖父母の家にはまあるいお餅が

箱に入って多数並べられた

のを毎年見たのを覚えています。

 

私の祖父母の家の餅は、

近所の農家に頼んでついて

もらっていたのだそうです。

 

この丸い形には円満を意味する

おめでたい意味が込められて

いるんだそうですよ。

 

私の祖父母の家のお雑煮の

場合は餅だけでなく、人参、

大根、里芋なども同じく円満

に丸く収まるようにとの

意味で丸く切られていたのが

入っていました。

また里芋はお頭と言われて、

家長や跡取りが大きいものを

食べるという決まりが

あるそうです。

 

へー!

 

私も長男だったので、父方の

祖母に跡取りだと非常に

可愛がられていましたが、

大きい里芋を食べさせられて

いたかは全然記憶にありません 笑

 

また、関西ではお餅は

生のままお雑煮の中に入れて

他の具材と一緒に煮込むのが

一般的です。

 

それに対して関東では、

お雑煮に入れるお餅って

このような丸ではなく

四角なんです。

 

これはなぜかっていうと

理由は正直ビジネスチックで

冷めてしまうのですが、

昔の東京、すなわち江戸には

人口があまりにも増えすぎてしまい

お餅をいちいち丸い形にする

時間がないので、効率よく

お餅の塊から切り分けるために

四角い形になったのだそうです。

 

また

関東では餅はいったん

焼いてからお雑煮の中に

入れるのが一般的です。

 

これも火が通りにくい餅だけ

先に焼いてしまったほうが

調理が手早く済むという考え

なのかもしれませんね。

 

関西人から見ると東京の人は

悪く言えば「近所付き合いがない!

他人に対して冷たい!」

タクシーに乗っても関西では

運転手が仲良く世間話を

してくれるけど、東京では

愛想がなく、世間話もしない

なんて言いますけど、

お餅の形だけ見てもなんとなく

そういう文化の違いが伝わってきて

しまうのは私だけでしょうか?

 

ただ、

そのように、手短に要領よく

やろうという昔の庶民の創意工夫

も感じられて面白いなあ!とも

思いました。

 

 

ふなっちー

江戸時代の庶民も色々
工夫していたなっちー。

 

ちなみに

私の母方の祖父母は関東出身

でしたが、やはりお雑煮の

お餅は四角い形で、関東風の

鶏肉でだしを取ったものでした。

具には小松菜も入っていました。

 

母の実家は農家でしたが、

昔は四角く切ったお餅は水桶に

入れて、冬は常備食として、

保存していたそうです。

 

すりおろした里芋を入れ、

さらにゴマや青のりを混ぜた

お餅をついてそれからおかき

やあられなどを作り、

冬場はおやつとして食べて

いたそうです。

 

 

ふなっちー

地域やご家庭によって色々
あって面白いなっちー。

 

私も子供のころは餅は丸いのと

四角いのがあって、関東と関西で

違うというぐらいはなんとなく

知っていましたが、大人になって

から親に聞いてこのような細かい

ことを知りましたよ。

 

みなさんもご自分のご家庭や、

祖父母の家ではどのような

違いがあるのか調べてみては

いかがでしょうか?

 

おせち料理の起源や

歴史、具材の変化について

あなたはどれぐらい知っていますか?

>>おせち料理の歴史】起源から具材や種類の変化まで解説

 

おせち料理を通販で!

と考えているならばイチオシは

ふるさと納税のおせち料理です。

 

ふるさと納税のおせち料理に

ついては以下で紹介しています。

>>【2019年】ふるさと納税・おせち料理ランキング5選!