高額医療控除というシステムはご存知ですか?

 

高額医療控除というのは

同じ家計内で一年間にかかった医療費、薬代

が10万円を超えている場合に、確定申告することで

その一部を税務署が返してくれるというシステムです。

 

その対象となるのは病院でかかった費用と

(保険適用、非適用両方)

薬代(医者の処方箋で用意された薬です。

ドラッグストアも含む)

国内、海外問いません。

 

まず、あなたの家計の医療費年間いくらかかっていますか?

 

え?

歯の矯正で60万円かかったんですか?

それで高額医療控除って何?て思ってる方

 

ふなっちー

あなた多分数万円は損してるなっちー!

ふなっちー

確定申告やふるさと納税はパソコンあれば自宅でもできるなっちー!

 

え?

確定申告なんてめんどくさい?

 

義務ではありませんので、

やらなくても構いませんよ。

あなたが数千~数十万円損しますけどね。

 

では高額医療控除をするにあたって

いくつかの注意点があります

 

  • 本人だけでなく、家計全体で

  医療費を計算すること

  • 高額な治療費も年をまたがずに

  極力一年以内に払うこと

 

です。

 

家計全体で医療費を計算する

本人だけでなく、家計全体で医療費を計算すること

について説明しましょう。

 

その10万円というのは

家計全体での計算になります。

配偶者もお子さんも含まれます。

共働きで配偶者があなたの扶養から

外れていたとしても

適用されますよ。

 

ですから

夫婦共働きであった場合でも

家計全体で10万円超えていないか

確認してください。

 

 

  • 歯医者に数回通った
  • 風邪で数回病院に言った

 

程度であれば、10万円にはほど遠いので、計算するまでもないでしょう。

 

  • 大けがをして入院した
  • 歯の矯正をした

 

のであれば、10万円は軽く超えているでしょうから高額医療控除はやるべきです。

 

レシート、領収書はあってもなくても

高額医療控除の確定申告はできますが、

極力確定申告が済むまで保存しておいてくださいね。

最悪なくても、薬代などはカードで払っていれば

履歴が残っているはずです。

 

一年以内に全額支払う

また、高額な治療費も

年をまたがずに

極力一年以内に全額支払いましょう!

 

ふなっちー

これもとっても重要なっちー!

 

なぜかというと

一年あたり10万円を超えた分が

高額医療控除の控除の対象になります。

 

私の例をお話ししましょう。

 

妻が歯の矯正がしたいと言い出したので

矯正歯科医院に連れていきました。

 

そこで妻の場合、そこまで歯並びは

ひどい状態ではなかったのですが

それでも65万円かかると言われました。

 

歯の矯正は医療保険が適用されないのです!

高いですよね~。

 

治療自体は1年半ぐらいかかります。

65万円は分割でよいので

2年以内に払ってください

と言われました。

 

でも、私は月一回の通院時の費用も含めて

一年目に全部払いましたよ。

 

なんでかわかりますか?

 

一年以内に払った方が高額医療控除で

返還される金額が大きいからです!

 

ふなっちー

節税効果が大きくなるなっちー!

 

高額医療控除というのは

一年間に払った医療費のうち

10万円を超えている部分に

関して年収に応じて一部

税務署から返してくれるシステムです。

 

二年にわけて65万円を32.5万円ずつ

払ったとしましょう。

(32.5万円-10万円)*2 = 45万円ですね。

 

この45万円に対して私の年収によって

何割か返してくれます。

 

一年で払ってしまえば

65万円-10万円 =55 万円

の何割か返してくれます。

 

 

すなわち、

一年で全部払ってしまった方が

医療費控除の対象になる金額も多くなるので

返ってくる金額も多くなるのです。

 

 

 

ですから、10万円を超える医療費は

極力1年以内に払うべきなのです!

 

 

ふなっちー

65万円であれば数万円は差がでるなっちー!

 

夫婦なら年収が高い方が確定申告する

また

治療をしたのは妻ですが、

私の払ったものとして確定申告しました。

実際、私が払ったんですけどね。

 

なぜなら

私の方が妻より年収が高いからです!

年収が高い方が高額医療控除で返ってくる

金額も大きくなりますので、

より節約になるのです。

 

高額医療控除は

確定申告の中でやりますので、

確定申告が必要ということです。

 

確定申告は税務署に書類を提出するという

ことでもできます。

 

え?

去年、一昨年歯の矯正やったけど

確定申告しなかった?

 

ふなっちー

大丈夫なっちー!

 

 

 

確定申告は5年前までさかのぼって

きますから、去年や一昨年の分は

今からでもできます!

 

 

パソコンの他にICカードリーダーライターと

マイナンバーカードさえあれば

自宅でも確定申告できます。

 

 

 

 

ふなっちー

ICカードリーダーライターは2000円前後で買えるなっちー!

 

 

自営業や不動産投資やってる人ならば、

ICカードリーダーライター買った費用も

経費計上できますね。

 

そうでない人でも高額医療控除で戻ってくる

金額を考えれば、2000円なんて安いですよ!

 

10万円を超えるのが条件と書きましたが、

年収によっては年間の医療費が10万円を

下回っていても高額医療控除の

対象になることがあります。

 

ふなっちー

それについては以下の記事を見るなっちー!

>>高額医療控除って 10万円未満でもできるケースがある!その条件とは?

 

 

高額医療控除以外にもふるさと納税でも

節約できますよ!

 

こちらの記事を読んで、

ふるさと納税できるかチェック!

>>ふるさと納税ができない人は?年収200万円以上でも不可?