iDeCO(イデコ)って言葉

聞いたことありませんか?

 

個人型確定拠出年金のことです!

 

「なんか

長ったらしい名前でむずかしそー!」

 

って思ってるあなた、

そんなくだらない理由で

こんなおいしい制度を活用してないなんて!

 

私も

株に資産のほぼ全額を継ぎ込み

もちろんふるさと納税も限界まで

やってる投資マニアの友人に

え?やってないの?バカじゃないの?」と

言われて調べてみました。

 

これ!

節税効果がやばいです!

 

 

そもそも
個人型確定拠出年金(iDeCO)とは?

 

自分で積み立てる年金制度のことです。

 

加入者は毎月一定の金額を積み立てて、

定期預金・保険・投資信託といった

金融商品を自ら運用し、それを

60歳以降に受け取ります。

 

でも

これだけ聞くともとから

保険をやってる人ならば

 

ん?

個人年金保険や貯蓄型の生命保険と

何が違うの?

 

って思いますよね。

 

 

 

個人型確定拠出年金のすごいポイント1
節税効果がすごい!

 

何がすごいのか?

 

保険料の場合、一定の金額までは

控除の対象になりますが、

 

限度額を超えると控除される額は

一定になってしまいます!

 

ふなっちー

保険料控除については以下の記事を参照するなっちー!

>>保険に入るならやらないと損!保険料控除、その内容とは?

 

 

例えば

新制度の保険料控除の場合、

1種類の保険に対して

8万円を超えてしまうと

控除額は一律4万円になってしまいます。

 

しかーし

個人型確定拠出年金(iDeCO)は

全額が税金控除の対象になるのです!

 

それで

自営業者ならば816,000円

サラリ-マンならば年間276,000円

まで拠出できますよ!

 

ただ、

サラリーマンでも企業年金が

ある人はこれより少なくなります。

 

この

個人型確定拠出年金(iDeCO)

制限なくできてしまうと

節税でき過ぎてしまうので

この制限が設けられているんですね!

 

節税は大事なことですが、

節税しすぎるのも問題なんですけどね。

 

ふなっちー

それについては以下の記事を見るなっちー!

 

>>節税しすぎるとデメリットもある?

 

個人型確定拠出年金(iDeCO)の
すごいポイント2
運用益が非課税!

 

個人型確定拠出年金(iDeco)

がすごいのはそれだけではありません!

 

普通、

金融商品の運用益には税金がかかります。

 

ふなっちー

わかりやすい例でいえば銀行の預金なっちー!

 

銀行の普通預金だって

あの微々たる利息に対して

税金が取られてしまいますよね。

 

ふなっちー

株や保険も同様に利益に対して、税金がかかるなっちー!

 

それが

個人型確定拠出年金(iDeco)は

非課税なのです!

 

前述した通り、

個人型確定拠出年金(iDeco)は

定期預金という選択肢もあります。

 

ふなっちー

これが一番ローリスクの運用なっちー!

 

一年に20万円定期預金するより

20万円、個人型確定拠出年金(iDeco)

に拠出した方が確実に得するってことです。

 

 

個人型確定拠出年金(iDeCO)
デメリットはある?

ただ

ふなっちー

もちろんデメリットもあるなっちー!

 

個人型確定拠出年金(iDeco)は
60歳まで引き出せない!

 

拠出金は60歳まで

引き出すことができません!

 

引き出せない分

確実に貯蓄を増やせると考えれば

メリットともいえます。

 

でも

余裕資金の範囲内で

長期的に投資したいという用途に

は向いていると言えます!

 

個人型確定拠出年金(iDeco)は
受け取り時には税金がかかる

 

60歳を過ぎて受け取るとき、

税金はかかってしまいます。

 

ふなっちー

ここだけは、非課税じゃないなっちー!

これだけ見ると

運用益が非課税でも

受け取るとき課税されるんじゃ

意味ないじゃん!

 

って思うかもしれません。

 

しかーし

個人型確定拠出年金(iDeco)は

その名の通り、

れっきとした年金ですから、

「公的年金等控除」、「退職所得控除」

といった控除が受けられます!

 

「公的年金等控除」、「退職所得控除」って何?

って思ったかもしれませんが、

 

簡単に言えば、

公的年金や退職金というのは

普通の所得よりも優遇されていて

取られる税金が少ないのです。

 

損する場合も!

節税効果の恩恵を受けられない

場合には損してしまう可能性もあります。

 

すなわち

  • 運用益が出ていない
  • 収入がないのでもともと控除が受けられない

という場合には、

拠出して増えていないお金を引き出すのに

税金をとられて逆に損をしてしまうのです。

 

個人型確定拠出年金(iDeCO)
はどんな人におすすめ?

 

最後にどんな人におすすめか?

 

ズバリ

年収が高い人です。

 

公務員、会社員、自営業

どれも問いません。

 

特に

拠出できる金額が多い

自営業の方や、年収が高いけど

企業年金がない方、

一考の価値はありますよ!

 

控除される金額が同じでも

年収が高い人ほど

所得税率は高いのですから!

 

逆に

あまりおすすめでないのは

専業主婦など収入がない人です!

 

そもそもポイント1の節税効果が

高いことが一番の売りなので

もともと節税する必要がない人には

デメリットの方が多いでしょう!

 

また

借金の支払いで毎月余裕がない人

なども、あまりおすすめできません。

 

余裕資金でやるべきものですから!