高額医療控除というシステム

はご存じですか?

 

同じ家計の医療費の年間支払い額

が一定値を越えた状態だと

確定申告でこの高額医療控除の

申請をすることによって

その一部を税務署が返還してくれる

というシステムです。

 

これ普通は年間で10万円を

越えれば、適用されるのです。

 

ふなっちー

この10万円というのは結構みんな知ってるなっちー!

 

しかしながら、そうでなくても

適用される可能性

があるのです!

 

10万円未満でも
高額医療控除が
適用されるケースとは?

 

確定申告での節税は基本的には、

年収が高くて、もともと徴収

されている税金が多い人ほど

効果があるものです。

 

サラリーマンでも、年収が

額面2000万円を越えてしまうと

年末調整ができず、確定申告が

義務になってしまいます。

 

でもだからといって、

確定申告は年収が低い人は関係がない、

やり方を勉強する必要はない

というわけではありません。

 

年収の額面が311万6000円を

下回っている場合、

医療費の年間支払い額が

10万円を下回っていても、

高額医療控除が

適用されるのです!

 

なぜかというと

高額医療控除の条件というのは

「総所得金額等の5%」

もしくは「10万円」

を超える場合です。

 

ふなっちー

この前者を知らない人が非常に多いなっちー!

 

「総所得金額」という言葉は

耳慣れないと思いますが、

これはサラリーマン

などであれば、給与所得控除後

の金額を指します。

 

例えば

年収800万円(額面)の人であれば、

給与所得控除後の金額は600万円、

年収500万円(額面)の人であれば

給与所得控除後の金額は346万円

となります。

 

総所得金額の5%は

年収800万円(額面)ならば

800×0.05=40万円

年収500万円(額面)ならば

346×0.05=17.3万円

となります。

 

これらは10万円を上回るので

高額医療控除の適用は

10万円の方が適用されますよね。

 

この総所得金額が

年収311万6000円未満だと、

10万円を下回るのです。

 

出産のために仕事をやめた、

病気になって長期入院した、

自分は低所得のアルバイトや

契約社員だから!

 

そんな理由で自分は

高額医療控除が適用できない

と決めつけていませんか?

 

ふなっちー

すごくもったいないことしてるなっちー!

 

 

高額医療控除を
受ける際の注意事項

 

他にも高額医療控除を活用

するための注意事項が

いくつかあります!

 

高額医療控除が適用できるのは

医療保険が適用される医療

だけではありません。

 

 

入院 、手術などで10万円を

越えた場合は、高額医療控除は

必ず申請しましょう。

 

 

それ以外にもドラッグストアで

風邪薬を買った分なども含まれます。

 

また

共働きで配偶者が扶養から

外れていても、配偶者の分も

合算できます。

 

あと歯の矯正などで

高額の支払いをする場合、

分割払いも普通できます。

分割払いしてもいいのですが、

 

極力一年の間に全額を支払った

ほうがいいのです。

 

そのほうが高額医療控除で

返還される金額が多くなるのです。

 

高額医療控除を受ける際に
必要なものは?

 

それでは、高額医療控除を

申請するのに必要なものは

何でしょうか?

 

申請に含める医療費のレシートは

極力保存しておいてください。

実はレシートがなしの状態でも

申請自体はできるのですが、

まれに確定申告後に

税務署から問い合わせが来て

レシートなどを要求される

可能性があります。

 

ただ

確定申告の際に慌てて

レシートがないから再発行を

御願いしても断られる可能性が

高いですよ。

 

私もドラッグストアで

処方してもらった薬の

レシート再発行頼んでも

断れましたから。

 

その場合、クレジットカードの

支払い履歴やお店の購入履歴を

見せれば税務署への説明はできると

思いますがレシートはあるに

こしたことはありません。

 

企業ならともかく個人に対して

問い合わせが来るなんて

非常に確率が低いですけどね。

 

ただランダムで問い合わせを

する人を選んでるみたいなんで

私の友人でも税務署から問い合わせ

来たって言ってる人いましたね。

 

申告した分のレシート関係の

提出を要求されたそうです。

 

逆に10年以上自営業やってるのに

一度も問い合わせきたこと

ないって言ってる人

もいるぐらいです。

 

ちなみにこの高額医療控除の

システムを悪用してニュースに

なったのが女優のローラの

お父さんですね。

 

税務署は活用しないと損!

 

税務署は脱税は見逃さないように

目を光らせていますが、

高額医療控除ができるのに

申請してない人に対して、

「しないともったいないですよ!」

なんてわざわざ教えて

くれないのです。

 

申請しない人はその権利を

放棄したと見なすだけです。

 

そもそも

確定申告自体義務になっているのは

申告することによって

税務署に足りない税金を追加で

払うことになる人だけです。

 

確定申告することで、

逆に払いすぎた税金を税務署から

返してもらえる人に関しては

確定申告って義務じゃないんです。

 

「そういう人はむしろ税務署は

確定申告しないでほしい!

税金を返してもらう権利を

放棄してほしい!」ってのが

本音なんですよね。

 

ふなっちー

日本の財政、大赤字なんで
そういう人ウェルカムなっちー!

 

しかも税務署にとっては

サラリーマン一個人に対する

税金の処理よりも、

桁違いの企業に関する税金の

処理に間違いがないか、

脱税がされていないかを

監視するのに一番力を割きたい

というのが本音なので仕方ない

という考え方もできます。

 

とはいえ、

税務署の職員は

我々の払っている税金から

給料をもらって仕事を

しているんです。

 

 

ふなっちー

税務署職員とはそもそも国家公務員なっちー!

 

ですから、高額医療控除のことも

確定申告のことも税務署に

問い合わせればちゃんと丁寧に

教えてくれますよ。

 

そこは税金納めてるんですから、

遠慮せず税務署を利用しましょう。

 

日本の税金ってあまりにも

種類が多すぎて税理士さんでさえ

全部の税金の種類を把握

できてないそうですよ。

 

だから

一般人が理解できてないのは

当たり前なんです!

 

高額医療控除以外にも

低所得者でも税金を節約する

方法はご存知ですか?

 

それがふるさと納税です。

>>ふるさと納税は年収200万が目安?年収が200万円以下だとNG?

 

ふなっちー

税金節約に興味あるなら以下の記事も必見なっちー!

>>保険に入るならやらないと損!保険料控除、その内容とは?

>>破格の節税効果!超おいしい個人型確定拠出年金(iDeCO)とは?