事業をやられている方

節税ってしてますか?

 

事業の利益というのは

売り上げ- 経費 = 利益

というふうに計算しますよね。

 

この経費の部分をなるべく

大きくして、赤字にすることで

徴収される

法人税の負担を減らすことができます。

 

もちろん

正確に経費を計上して、利益を

計算すること自体は正しいことなのですが。

 

ふなっちー

節税について、やっていない勉強していないといのは論外なっちー!

 

ふるさと納税は節税ではない

ちなみに

勘違いされがちですが、

ふるさと納税は節税ではないですよ!

節約にはなりますけどね!

 

ふなっちー

ふるさと納税については以下の記事を見てなっちー!

 

>>ふるさと納税は年収200万が目安?年収が200万円以下だとNG?

>>ふるさと納税の返礼品でおすすめって何?

 

ただ

実は節税ってやりすぎるのもよくありません。

ご存知でしたか?

 

節税しすぎたことを後で後悔するようなことだってあるのです。

 

節税しすぎるとどんなデメリットがある?

節税をするということは

利益が出ていないことにする

ということです。

 

例えば、

以下のような場合に

利益が出ていない赤字事業

もしくは利益の少ない事業

だと思われてしまうと

 

融資が下りにくくなってしまいます。

  • 事業資金を借りる
  • 住宅ローンをする
  • 事務所を借りる
  • 家を借りる

 

ん?

この事業者にお金貸したところで

ちゃんと返済してもらえるのだろうか?

って思われてしまいます。

 

ふなっちー

返済できなそうな人には銀行も融資したくないなっちー!

 

また、

利益が出ていないということで

取引先の印象も悪くなってしまいます。

 

新規取引先を見つけて、取引を

開始しようとしたときにもこちらが収益が

ちゃんと出ているかはチェックされます。

 

ん?

こんなに利益の出ていない事業者と

取引してこちらにメリットはあるのだろうか?

という目で見られてしまいます。

 

ふなっちー

誰だってドロ船には乗りたくないなっちー!

 

 

節税すると信用は減る!

要するに

節税をすればするほど

それに比例して信用が減ってしまいます!

 

だから

節税という側面だけ見ていると

信用を失ってしまい、

後悔することになりますよ!

 

事業は目先のことだけでなく

数年後を見据えてやっていかなくてはいけません。

 

将来的に

銀行から融資を受けたい

新規取引先を開拓したい

という計画があるのであれば、

あえてちゃんと法人税を払って、

払う税金の代わりに信用を得ることも重要ってことです。

 

節税対策にベンツを買うという

のも一時期流行したようですね。

 

ふなっちー

4年落ちのベンツを買うというのが昔流行ったなっちー!

 

必要でないものを購入して、

経費として計上するってのは

やりすぎは良くないです!

 

なぜかわかりますよね?

 

必要でないものを購入して

経費を増やすということは

キャッシュだけでなく、信用も減ってる

といことも忘れてはいけません!

 

 

経費で買うものをふるさと納税で入手できる

ちなみに

オフイス事務用品が

必要ならば経費ではなく

ふるさと納税の返礼品で

手に入れるという

方法もありますよ!

 

 

ふなっちー

こんな鞄もふるさと納税で手に入るなっちー!

 

 

経費で購入しようとしているものも

まずふるさと納税の返礼品で探した方がいいかも!

 

ふるさと納税のお支払いには

クレジットカード払いが断然オススメ!

 

クレカの中でも特に還元率の高い

最強カードをご紹介します。

>>ふるさと納税の支払方法をお得に!クレジットカードを変更するだけ?